会話・言葉

話をする事、話を聞く事



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
 

話をする事と、話を聞く事の間には
決定的な違いがあります。

それは、話をする事は、基本的には
自分が中心となって考える事が
できる点です。

一方、話を聞く事は、相手がありき
で、その反応から考えていく
事になるので、中々、練習ができない
そういった面があります。

話を聞く事は、非常にシミュレーションが
練りにくいというわけです。
当たり前ですけど、人の数だけ
女性の数だけ、その人が話をした
内容は違います。

それに、日によって、タイミングによって
瞬間瞬間で、その人が話をしたくなる
事は、変わるからです。

 

そうなると、どういった事に
なるのかは、明白で、ぶっつけ本番。

 

基本の形としては、これです。

 

ある程度の事は、シミュレーションが
練れたとしても、後は、やっぱり
その場で対応していくほかありません。

 

話をする場合は、ある程度、話題
を考えたり、方向性を決める事は
可能ですから、どうしても、こっち側
を考えてしまいがちです。

 

実際に話を聞くといっても、本当に
どうやって聞けば良いのだろうか。
と考えていくと、案外、それを
想像する事ができないかもしれません。

 

それに、日ごろから、どうやって
話を聞くための練習をするのか。

 

これも不明瞭ですし、想像がしづらいと
思います。

 

実際、まず、日ごろからできる事は
何か。それは、シンプルで、日ごろから
人様から話を聞かせてもらっている。
この場面が大切になってくるわけです。

 

話を聞く事がヘタな人は、日頃から
あまり、聞く行為の重要性を感じて
いなく、そして、多くの場合
人の話を、注意深く聞くという
態度を取れていないと、ある程度
予想ができてしまうわけです。

 

そして、実際に、ちゃんと話を
聞かなければ、ならないような場面で
ついつい、日常の態度が出てしまう。

 

で、関係性を悪化させてしまったり
最悪、関係を終了させてしまうような
ミスを犯してしまう。

 

どちらかというと、話をする方が
簡単ですし、自分のペースになるので
人間は、話をする方を選択したく
なります。

 

んが。

 

まあ、もちろん、ご存じだと
思うのですが、大切な事は、話をする
よりも、断然、話を聞く方になります。

 

まず、簡単に練習を始める事ができるのは
日頃から、どうやって、人様の話と
真摯に向き合う事ができるのか。

 

この点になってきます。

 

もし、日頃から、この点に意識が
いっていないや、人の話を適当に
流すように聞いているようなクセが
あるならば、それを改めないと

大切な場面で、それが出ます。
間違いなくでます。

 

日頃は、適当な感じで、人の話を聞いていて
実際の場面で、話をしている側が
ついつい話を、もっとしたくなるような
聞き方ができる人ってのは、見たことが
ないような気がします。

 

単純に、日頃の態度は、顔を出すって
事ですかね。

 

聞くってのは、ある意味、忍耐や
自分を抑える事が必要になる
場面が多々ありますから。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉
-, , , , , , , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER