見抜く

こういった人は、女性でも男性でも、ちょっと問題あり



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
 

大勢で話をしている時にも、良く見られる
事なのですが、誰かの話題になった。
例えば、ある女性の話になった。

その女性は、運動などダイエットを
積極的に取り入れて、自分改造を
真剣に始めた。

その結果、身体は締り、それに合わせて
着る事ができる洋服も変わり。
髪型も、イメージチェンジを図った。

それは、男性側からしても、すごく
良い方向に変わっていて
どう見ても、綺麗になっていた。

客観的にみれば、そういった状態。

 

普通に判断するならば、この場合は
十分に本人の努力と、本人の姿は
良くなっているのだから、褒める言葉
しか思いつかない。

 

だから、それを言葉にしている人は
いたって、普通の感覚を持っている
人なので、ある意味で、安心して
お話する事ができる。

 

そういった場面でも、全然違う
ニュアンスの言葉を選択する人達も
いたりするわけです。

 

「何か、肌質が、人工っぽくない?」

 

「あんなに、目。大きかったっけ?」

 

「今更、あのファッション。若作りし過ぎ。」

 

全然、客観的に見れていない。
もしくは、見れているものを認める
事ができなくて、否定しているのかも
しれない。

 

そうなると、今後の、この系統の
人達の言葉が選択する言葉は、同じだったりします。

褒める事はできないわけです。
これは、今後も一貫していきます。

 

人を褒める事ができなく、
否定的な言葉を選ぶ人は、その状態を
考えていくと、ある事が良く見えてきます。

 

自分自身に対して、OKが出せていない
わけです。
だから、自分がOKじゃないので
当然、他人にOKを出すことができない。

 

人様の良い所をちゃんと見て、褒める。
努力を認める。
相手の能力を認める。

 

簡単な作業のようでも、これができない
人は、話をしているだけでも、至る
所に存在しています。

 

だから、そういった種類の人達と
お話をしていると、ある部分で褒める
言葉を多用しはじめるのです。

 

この場合、パターンは決まっていて
「自分を褒める場合」に褒める事を多用します。

 

まあ、考えれば当然なのですが
自分に対して認める事ができていないので
自分を認めさせるように努力を
するのです。

 

その場合に、やっと自分を褒めるという
手段を取るのですが、本質的には
自分を認めていないので、褒める行為
自体に、無理があるわけです。

 

偽りの言葉を自分に投げかけて。
んで、自分で傷つく。

 

んで。傷つくものだから、絶対に
他人を認めるわけにはいかない。
褒める事なんて、とんでもない。

 

必死に否定する。
けなす。
その人の評価を落とそうと必死になる。

 

なぜ、こういった人たちは、人を
褒める事ができないのか。
それは、こういった仕組みがある
事が分かると、その人の持っている
問題点が良く分かります。

 

そして、一緒にいるべき相手では
無い事が分かってきます。

 

他にも

必死になっている人を、バカにする。

 

その人が積み上げてきたものを
意味が無いものだと言い切る。

 

などなど。

 

客観的に見れば、十分に評価できて
すごいと思えるものを、褒める事が
できない人は、自分を嫌いであるという
事もわかってきます。

 

そして、良い関係を築けるような
相手ではない事も分かってきます。

 

こういった事が分かっていると
人との付き合い方の目安にもなるので
助かる事があります。

 

うん。

 

こないだの土曜日に、色々な話を
色々な人としていて、シェアするお題
だなと思ったわけです。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-見抜く
-, , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER