人間関係、最初のミス



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
 

良くも悪くも、最初から、善意全開で
人と接していると、質の悪い人
からロックオンされやすくなります。

そういった質の悪い人は、分かっていて
やっている事があります。
それは、最初から、善意全開の
人は、付け込みやすい人間だという事実を。

だから、そういった質の悪い人は
付け込みやすい善意全開の人を
見ると、すぐに、寄っていきます。

善意の人は、そうなると、もう
後ろには、さがれない状態に
なります。

善意スタートなので、それより
後ろが無くなるからです。

 

で、使われる。

 

使う側は、何とも感じません。
使う事前提で、寄ってきているので。

 

そもそも、この厄介な所は
出会った段階で、善意を全開に
してしまうと、その善意全開で接した
その態度や、コミュニケーションの取り方は
取り消しにくい。

 

だから、質の悪い人が回りに
多くいる人は、善意を最初から
出し過ぎているのかもしれない。

 

善意を前面に出すのは、すばらしい事。
できたら、皆、そんな感じで
行けたら、なんてすばらしい。

 

んが。

どうやっても、質の悪い人は
いなくならない。
大量にそこらじゅうにいる。

 

これは、あなたが良質な人間で
あればあるほど、経験した事が
あると思います。

 

出会った瞬間に、善意を持って
接してあげたら、次から、お互いの
関係性を超えた、要求をしてくる
図々しい相手。

 

でも、最初に親切にしてしまった
から、次の瞬間に

 

「はい、そんな要求無理!」

 

とは、言えない。

 

渋々、受け入れる。
エスカレート。

 

この経験。
あると思います。

 

そこで、大人になるにつれて
ガードをするようになるのです。

 

最初から、善意を前面に押し出すのは
やめておこう。

 

どういった人を見極めてから
善意を出す。

 

そうした方が、自分の精神上にも
良いから。

 

となっていく。
だから、用心するようになる。

 

しかし、この訓練ができていないと
ついつい、人間としての質が良いものだから
自分の自然の部分である、
善意を出してしまう。

 

そうすると、自分ではやりたくない事。
そういった事を要求される事が
多くなっていき、不満が積もる。

 

しかし、どうする事もできない。
質の良い人は、多くのケースで
相手の気持ちも同時に考えて
しまうので、言いたいことがあまり
言えない。

 

相手の事が質の悪い人だとは
あまり感じない事も多いので
自分と同じ、善意のある人だと
考えてしまう。

 

だから、ますます、相手の気持ちを
考えてしまう。

 

疲れるんだろうな。。。

 

善意を出すならば、そのタイミングは
ちゃんと見てからが良い。
自分の中に、相手を良い人という
前提で、入れるならば
ちゃんと、見極めてから良い。

 

人間は、一度、相手を良い人として認めると
その考えを、改めるのは
時間がかかってしまうから。

 

そもそも、質の良い人は、こちらに
何かを要求してこないし
負担をかけてくる事はない。

 

ましてや、要求が増してくる事
など、ありえない。
それだけを見ても、相手側が
質が良いか、悪いかはすぐにわかります。

【8月22日までの限定公開!!!】


カウントダウンタイマー

■本命の女性にバレる確率を限りなくゼロに近づけながら、
死ぬほど女性遊びをしまくるために必要な戦略とは。
一生女性遊びを続ける男性の思考と具体的方法論【womanizing】








■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年6月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:見抜く

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ