Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

多くの女性と知り合う必要性と「核」となる人間関係



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
人生を思ったように、自分が望んだ
ように、持って行ける人。
 
例えば、何かで上手く行く、
大きな成功を収める。
多くの人が知るような成功を
納める。
 
そういった人達を研究していくと
一般的に重要だと言われる
「人脈」
といったものよりも、
 
「核」となる関係が良好な人が
そういった成功を収めたり
自分が望んだ方向に行けるという
事が分かっています。

 
もう少し言うならば、こういった
「核」となるパートナー的な
人がいないと、上手く行く事は
難しい。
 
一般的に、そういった人は
特出したような才能があると
思われますが、実際には、支えている
回りの人の力が、かなり大きい。
 
この事を踏まえて。
もし、あなたが、今後、良い方向に
持っていくために
多くの人と人脈を持つよりも
 
「核」となる人
特にその中でも女性が大切に
なります。
 
一生のパートナーとなるのは
女性です。
だから、ここで核となる女性選びを
間違うと、本当に大変。
 
ただ、少数の女性の中から選ぶと
確率論から言って、核となる女性
が、自分にとって、非常に質が良い
女性を引けるかを考えると
それは、ちょっと低くなると思います。
 
数だけの人脈というのは、必要
ありません。
そこを目的としても
あまり良い事には繋がりません。
下手をすると、労力と時間の
浪費になる可能性があります。
 
だから、やり方として、俺が
良いと思っているのが
まずは、出会う分母をひたすらに
増やす。
これは、女性でもそうですし、
同性との出会いもそうです。
 
言葉は悪いですけど、そこから
篩い(ふるい)に掛ける。
すると、面白いぐらいに
残りません。
 
大半の人は、こうなります。
ほとんどの人が残るという事は
ありません。
 
そこから考えると、少ない出会い
しかないのに、その出会った人が
ほとんど残っているとなると
質の点に疑問が残ります。
 
だから、人脈が例え500人いようと
本当に良い「核」となる人が
1人いる人の方が、強かったりします。
 
人脈よりも「核」。
これを意識できると良いと思いますし
多くの人づき合いが必要となって
自分を消耗させてしまう事も
無くなるかと思います。
 
人脈の数を重要視していると、消耗
してしまいます。
嫌な事にも目をつぶり。
望まない付き合いもしなくは
ならない。
 
ただ、「核」となる相手だって
選ぶ権利があります。
だから、多くの人と出会い。
その中で、自分が良質なコミュニケーション
が取れるようになるという
自分への訓練が必要ですし
そういった経験の中から、
核となる相手を選びとる
“観察力”なんかも必要となります。
 
 
時間はかかりますけど、このやり方
が、良い「核」を選べる方法だと
思っています。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年7月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:幸福論

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ