メールのメリットとデメリット



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
メールを使ってやり取りをしていると
感じる事なのですが、お互いに
お互いの意見が言いやすく、そして
言われた意見なども受け入れやすい。
 
リアルならば、これは言っても
大丈夫だろうか。
といったように、距離感を気にして
しまうような物事でも
メールだと、ちょっと踏み込んで
話がしやすくなる。

 
良い意味で、相手が身近にいなく
外部から、大きく影響を受けるようなものも
何もないので、
自分とその相手だけの空間になるので
そういった気持ちになりやすいんだと
思うのです。
 
ただ、その分、思い切った話をしやすく
なりますし、自分の情報も出しやすく
なります。
 
反応を直に見る事がないので、そういった
意味で、傷つく事もないわけです。
だから、思い切った事を言えたり
聞けたりするので、それが良い方向に
動く事もわけです。
 
 
そこから、少し見方を変えています。
すると、相手の表情や、声のトーン
そういった生の情報は、ほぼないから
ついつい、踏み込んだ事を言ってしまったり
聞いてしまったりする事もあるわけです。
 
だから、リアルでの空気を読むために
必要な能力は、育つ事がなく、実際に
あってみると、全然、魅力的な人では
なかったという事にもなりやすい。
 
んで、そういった欠けた情報を元に
やり取りをしているので
ミスもその分、犯しやすくなります。
 
で、ここからが、デメリットのお話。
 
相手の情報が少ない分、ついつい
言いすぎてしまったり、聞きすぎて
しまったり。
そういったミスを犯しやすく
なります。
んで、お互いに、相手の姿は
見えないものですから、その言葉
から、お互いに、取り違えてしまったり
過剰の受け止めてしまったりして
傷ついたり、怒りを感じたり
そういった感情を持ちやすくなります。
 
そして、メールだと、そのネガティブな
感情は、さらに増幅しやすくなります。
 
 
そのため、想像以上に、トラブルが
大きくなりますいですし、感情が暴走
しやすくなる。
そういった媒体であるという事実を
知っておく必要があるのです。
そういった事を踏まえると、一つの
メールを送る時も
 
「あ、もしかしたら、この言葉は
変な風に受け取られるかもしれないから
表現を変えよう。」
 
とか
 
「なんか、キツい感じを与えるだろう
から、ちょっと絵文字を入れておこう。」
 
とか。
そういった判断ができるようになります。
 
あと、感情が動きやすくなるため
何か、誤解を与えて、女性を怒らせたり
した場合は、すぐに引く。
 
下手な言い争いとか、どちらが正しいとか。
引かない態度は、メール上では
すぐに関係崩壊につながるので
そこは、少し敏感になっておくべきポイント。
 
自分の感情を優先するよりも
女性側の感情を優先させる。
「・・・ように、見せる接し方」をする事が
メール上では、特に求められると
思います。
 
ま。
でも、それは、ちゃんとした
コミュニケーションが取れる女性相手
ならば、そういった態度を取った方が
良いというだけで
 
メールというバーチャルをメインで
生きている女性は、ちょっと
コミュニケーションが取れないタイプも
大勢いるので、女性全般にそういった
対応をする必要は、ないちゃーない。
使い分けで。






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年7月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メール

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ