自分を知る

繊細な男性が取るべき戦略



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
女性が苦手だとか、コミュニケーション
が苦手だという男性の中には、繊細な
男性が多いです。
 
で、繊細な事で色々と苦労をする事が
あると思います。
余計な事が気になってしまったり
ちょっとした事で傷ついたり。
 
人のちょっとした一言で、傷ついたり
余計な事を考えすぎてしまって
行動がとれなくなったり。

 
人の目が気になって、これをやったら
どう思われるだろうか。
それが気になって、自分らしく動けなく
なってしまったり。
 
何やら、デメリットが多いように
感じてしまうと思いますが・・・。
 
繊細な人の圧倒的な強みは、学ぶ力が
高いという事です。
一つの物事をやるにしても、それに
集中する事ができます。
 
出来る限り、失敗はしたくないと
考えますし、そのためには、何をやったら
良いかを考えます。
失敗を大きく感じてしまうという
裏には、その分の努力を、自分を
傷つけないために行えるという
メリットがあるわけです。
 
ここらへんを、おおらかに構えれ
られる人は、どうしても学びが少なく
なってしまいます。
だって、それは、当たり前で
「多少の事は、どんまい。
どうにかなるよ。」
 
って思っているから、特にそこから
何かを感じて、学ぶという事をしない。
もちろん、だから、人から何かを言われても
女性から、キツイ言葉を浴びても。
遠まわしに、拒絶されても。
それに気が付くことがなく、時には
女性から、厚かましい。
鬱陶しいと言われてしまうようなレベルで
グイグイと行く事ができます。
 
繊細な方が良いとか、
おおらかな方が良いとかを、ここでは
言うつもりはありません。
ただ、女性に苦手意識を持っている
男性は、繊細なタイプが多いもので。
今日は、繊細なタイプに目を向けます。
それに、おおらかな人は、俺のメルマガも
読んでいないと思うんですよ。
 
そりゃ、まあ、考えれば当然の事で
毎日、多くの情報を、文章として
届けられるのですから、それを消化するのは
どうしても、動力を使います。
だから、
「ま、今度で、いいか。
気分が乗った時にでも。」
ってなりますから、徐々に読まなくなります。
 
だから、傾向として、繊細な人が
多くなるんじゃないかなと思っている
わけです。
先ほども言いましたが、繊細な人は
自分への問題意識もあります。
それは、失敗をしたくないから。
なるだけ、学べるところは、学びたと
思っているからなんです。
 
 
で、ここから、重要なんですが。
そういった繊細なタイプの男性は
 
「日々の刺激を低くする。」
 
これです。
 
敏感な人は、日々、多くの刺激を受けている
と、それに意識が奪われてしまって
中々、やるべき事に、意識が集中
出来なくなってしまいます。
 
 
例えば、分かり易くいうならば。
毎日、パーティー三昧。
飲み会三昧。
 
こういった生活は避けた方が良い。
人脈は多い方が良いとか、言われますけど。
これは、人によるし、大半の人脈なんて
あっても、不要なものしかありません。
 
そもそも、人脈を最大限に有効に使える
ってのは、もう、自分ひとりで、ある程度
事は、満足いくレベルで行えるような
レベルになってから、やっと
有効性が出てぐらないもので。
何もない人が、持っている人脈なんて
なんの意味もないわけです。
 
だから、敏感な人は、まずは、そういった
世間で、良しと言われている人脈を
作る的な活動といったような
 
刺激が強い活動は控える。
本当に必要な事に、力を入れた方が良い。
でないと、敏感な人は、良い活動が
できないから。
 
そのやるべき、活動は、どこかを
選定していく事が大切になってくるわけです。
 
えーと、この話は、これ自身もそうだったので
少し熱が入ります(^_^;)
って事で、続きます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-自分を知る
-, , , , , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER