自分を知る

続・繊細な男性が取るべき戦略



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
という事で、繊細なタイプの男性は
「刺激が強い活動は控える。」
 
という、あまり恋愛メルマガでは
お話されていない、一見すると、お前の言っている
事、意味不明と思われなかねない話を
しているのですが。
その続きで。
 
人脈や、多くの人間関係を持たなければ
ならないとは、意識しない。
今、信頼できる仲間が、いないという
ならば、同性の友達を作るという
活動はしつつも、その活動を
精力的にやる必要は、そこまでない。

 
今、あなたが、何をしたいのか。
それが、女性との関係を良くしたい。
彼女を作りたい。
 
ならば、他の人脈を作るや、
人間関係の数を増やそう。
そういった、多くの刺激があるような
活動は、なるだけ控える。
もしくは、やめてしまえ。
 
刺激が多すぎて、あなたが消耗する。
そして、繊細な人は、どうしても、消耗
したところから、回復するのに
時間かかるから。
 
だから、余計な刺激を入れない。
 
そもそも。
・・・あ。ここ重要です。
 
本当の意味での、良い人間関係を
作れる人間の数なんて、多くありません。
 
良いところ。
5人程度なもの。
 
人間的に、幅があり、余裕がある
ような人ならば、それが、10人ぐらいまでは
伸びしろが、できるかもしれませんが
繊細なタイプの男性ならば
良いところ、5人。
 
だから、そんなに不必要に、人間関係を
広くしようと思わなくて良いわけです。
そこで、無理をして広げても
本当に、良い人間関係を作る事は
できませんから。
無理なんですね、人間の仕組み的に。
 
良く、人脈自慢をしている人がいますが
言ってみれば、それは、薄く浅い関係で
ちょっとした顔見知りが、いますよ。
 
言葉悪く表現するならば、こういった意味に
なるって思っています。
 
実際に、そういった人脈を
前面に押し出している人に、
深く突っ込んで話をしていくと
本当の意味での、信頼できる人間関係は
あまりなかったりします。
(これ、リアル。
もちろん、そうでない人もいますけどね。)
 
 
良く、俺も、飲み会とかしていますが
当然のように、親友とかそういった
人ばかりではなく、友人・知人
そういった人たちが多くなります。
良くも悪くも、広く浅くです。
 
本当に意味で、相方って呼べるのは
片手で収まるぐらいです。
そして、その人数が、大幅に
増える事はないと思っています。
 
 
まとめます。
繊細なタイプならば、多くの
人間関係を持とうと思わなくてよい。
なるだけ、刺激が強い活動は控える。
その分、自分が必要だと思う活動に力を割く。
(そこで、疲弊するようにする。^^; )
 
敏感なタイプの人は、色々な事を
受け止めて感じてしまいます。
その強みを、上手く利用する。
刺激を少なくする事で、その分を、自分が
必要としている、女性関係ならば
女性関係に向ける事ができるからです。
 
そこで、多くの事を考えれば良いのです。
ネットならば、ネットで、どういった
やり取りをすると、女性に興味を引けるのかを
ガンガンに考えれば良いのです。
で、そこで、疲弊していけばよいのです。
 
その際も、他の余計な人とのかかわりは
持たない。
女性ならば、女性だけでよい。
その中で、余計な同性と関わると
また、そこで、神経を使わされるから。
余計なものは、入れない。
 
繊細なタイプの男性の、一つの取るべき
戦略について、お話してみました。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-自分を知る
-, , , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER