緊張してしまって、ミスをする男達



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
女性に慣れていないと、どうしても
やってしまうミス。
それが、会話の中で、起きます。
 
どういったミスが起きるのか。
それについて、今日は、お話を
したいきたいと思います。
 
まず、緊張すると、俺達はどういった
行動に出やすいのか。
緊張する事で、無口になってしまう。
女性に対してのコミュニケーションを
拒絶してしまう。

 
これも、問題ですけど。
良くやってしまうのが
「余計な事を、しゃべりまくってしまう。」
 
このミスは、結構、致命的に
なってしまいます。
 
しゃべる事ができない。
とかですと、そこまで致命的な
事には、そこまでならなかったり
します。
無口な人だな。
とか
印象の残らない人だったとか。
とりあえずは、良くも悪くも
その場での印象はないわけです。
だから、次の機会とかあれば
ある程度の回復は見込めるわけです。
 
んが。
しかし、余計な事をしゃべりまくって
しまうと、致命的になってしまう事が
多くなります。
 
では、どういった致命的なミスに
つながるのか。
いくつか、ピックアップしていきます。
 
 
たいして、女性側の情報がない状態にも
関わらず、話をしてものだから
女性を傷つけたり、怒らせてしまう
そういった踏まなきゃよいのに。
っていうポイントを、思いっきり踏んでしまう。
 
 
ついつい、調子が良くなってしまって
ある事ない事をしゃべりまくる。
それに、他人を批判する事を言い始めて
しまって、止まらなくなった。
あとから、大失敗した事に気づく。
 
 
女性側が、望んでいる話の流れを
読む事に気が回らなく。
結局、自分が話をしていて楽しい事に
ばかり意識が行ってしまって。
良く思い返してみたら、女性側は
「はぁ・・・。」
しか、話していない事に気が付いた。
 
 
で、あと、これは、俺が結構、注意
している点なのですが。
女性との出会いをこちらで積極的に
作り、そして、意図している方向に
持っていこうと考えているならば。
あくまでも、俺達は、「狩る」側なわけです。
そこで、掴まれたくないなと
思っているのが
 
自分の弱点や、弱みを掴まれる事。
 
これが、掴まれると、そこを突かれる
と、主導権を取られたり
その場を上手く支配できなくなって
くる事があります。
 
だから、女性と今から、距離を縮める
仲良くなって行こう。
もしくは、その場所を支配して
はやてのごとく、いただき
撤収したい場合などは、あまり
余計な情報を与えすぎるのは
あまり得策ではないと思っています。
 
そういった理由があって、無造作に
なんの意図もなく、しゃべり過ぎる
事に、メリットは、何もないと
思っています。
 
もし、しゃべるとしたら、何か
意図がある上で、しゃべるように
できると、良いなと。
 
例えば、仕事の話で、どこで働いているとか。
どこに住んでいるとか。
家族構成とか。
そういった、弱みになりかねない
ようなものは、まずは、絶対に
話をしない。
 
ま、これは、出会いの場面にも
よります。
仲良くしていこうという前提の場
ならば、こういった事を話しても
不思議はないので。
 
とりあえず、情報の与えすぎ。
と、しゃべり過ぎ。
には、注意が必要。
それで、成功する事って少ないから。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年7月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:恋愛理論

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ