自分が楽しむために必要な事ってなんだろうか?

社会に出るのが怖くて。
学生というモラトリアムにずっといたい。

って思っていたんです。

で。
強烈にそれを思っていて。

多分そのままいってたら、俺はきっちりと
した引きこもりニートになっている
自信があります。

ってぐらいに社会に出るの嫌でした。

んが。

現状はクソ楽しくなってるんですね。

で。

誰だってストレスフルで生きいるわけ
なんですが。

そのストレスの元は、自分が本来したい事を
全く出来ていないから。

っていう理由が大きいんです。

でも。

自分が本当にしたい事ってなんじゃい。

ってなるとこれまた分からないです。

俺の場合は、シンプルにその1つが
女性遊びだったので、それを昇華させる
事ができてから、他の方面で
やりたい事を昇華させるコツを体得した
気がするんです。

そしたら、あら、面白い事が一杯
あるじゃないの。

社会には。

って事で、モラトリアムから
上手く抜けていったんです。

気づくための一つの視点として、
今日はお話をするのですが。

自分が本当に好きな事。

そのベースは、

少年時代の体験が非常に大きいです。

だから自分自身がいったい
何が大好きなのだろうか。

少年時代を振り返ってみると
本当に色々な事が思い出されます。

ふっ

と思い出したものを実際にやって
みると、身体の芯からゾクゾク
するような感覚を手にする事が
あったりします。

「あー、俺ってこれがこんなに
好きだったんだ。

そういえば、昔は時間を忘れて
熱中してたかも。」

みたいになって、気が付ける事
ってあるんです。

そしてそれをベースにして

仕事に生かせる。

そうじゃなくても、

自分の遊びにマッチングさせる。

とかするだけでも、自分の抱えている
フラストレーションって減る。

フラストレーションが下がった分
だけ、楽しくなる。

そんなサイクルを作れるなー。

と感じているんです。

これは自分自身でしか気が付けない
から自分の体験を思い出してみて
実際に試してみる事が大切です。

例えば実は虫取りが死ぬほど好きだった
事を思い出して。

そこから昆虫採集が生涯の趣味に
なって、それがあれば何もカモが
忘れられるっていう人も
知っています。

自分が楽しくてショーが無い事に
女性を引き込んでいく。

という遊び方もあります。

そうするとダブルで楽しい。
(俺の場合は、
女性と遊びは大切な要素なので。)

あ。

お分かりだと思いますが

昆虫採集と女性と遊びの相性は限りなく
最悪です。

これは一致させられません。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2017年9月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分の内側

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ