購入者通信についてのお問い合わせ

購入者通信についてのお問い合わせは、
今ももらっています。

現在までに私の教材を購入してくれた方は

すべて登録完了しております。

そして、ほぼ日刊でお届けされておりますので
届いていない場合は、

迷惑メールに分類されている。

不達。(不達多いので恐らくこちらかなと。)

最も不達になるのが、独自ドメインメールです。
次に不達になるのが、プロバイダーメールです。

現状一番届くのが、gmailです。

私のアドレスもgmailだからというのもあります。

独自ドメンイメールにしていないのは、届かないので
(以前は独自ドメインメールを使っていたのですが
届かない事が多くて、gmailに変更しました。)

ので。
教材を購入しているけど、メールが届かない方は。

件名「購入者通信について。」

内容「購入者名。
購入時のメールアドレス。
新しく取得したGmail。」

この3点をご連絡ください。
確認後登録をします。

登録が完了されれば、翌日から購入者通信が届くはずです。

現在、購入者通信の方では、今年のメイン活動についての
お話をしていきいます。

今風に言えば、

サロン

のような形で運営をしているのですが。

内容が鬼のごとくド・セクシャリティ この上無し。

なので、ひっそりと少人数対象で行っています。

今日の購入者通信の方でもお話をしているのですが。

今男女の接点は、異常なぐらいにコスト低く作れる
ような時代になりました。

そのために、現代では女性との接点を作る事は
限りなくコストは「労力・時間ゼロ」という状態で作れる時代に
突入中です。かなり変化しています。

私の20代の時とは比べ物にならないぐらいの
激安コスト(時間・労力コストという意味で。)

だと思っています。いいなー。

ただしそうすると、多くの男性がその場所に参入します。
現実に超男性のライバルは多いです。

そうすると、その中でどうやって他の男性との
差別化を図るのかという事が大切になります。

ので。
女性との接点を作る事に使っていたコストは、ほとんど
いらなくなるので、こういった自分のスキルに
コストを投入する事が必要な時代になってきてます。

知る・学ぶ事が有効になります。

本当にそう感じます。

特にセクシャリティをメインとした活動をした場合、
明確に女性のメリットを考えないと、
接点を作るための時間・労力コストが限りなくゼロに
近づいているのに、なんら環境は変わらないって事になります。

時代は変わり。

コスト投入をするのは、こういった部分にコストを
投入するような時代になってます。

もちろん、自分で全部トータルで考えていく
事だってできます。

足で稼いだり、人脈を使って紹介をたどったり。

そういったコストがかからなくなった分。

知る・学ぶ・考える・戦略を立てていく。

ここへのコストが必要になっています。

そしてここのポイントは、思いっきり積み上げが
有効に働く事になるって所です。

ここは、あくまでも表用です。
クリーン用です。
シモネタを中心とした、
さらに突っ込んだ核の活動は購入者通信の方でのみ
公開されていきます。

【8月22日までの限定公開!!!】


カウントダウンタイマー

■本命の女性にバレる確率を限りなくゼロに近づけながら、
死ぬほど女性遊びをしまくるために必要な戦略とは。
一生女性遊びを続ける男性の思考と具体的方法論【womanizing】








■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年7月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:購入者通信

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ