女遊び

ファンキーの活動。(雑談)/その5(完)

動画を作成して、それを欲しい人から
資金を提供してもらって。

また同じような興奮ポイントを求めている
男性に提供する。

まさに、映像・動画ビジネスの王道。

と思ったんです。

でも、忘れている事があったんです。

誰でも動画を撮るのは出来ます。

女性を集めて、撮影すれば終わりですから。
これが普通の物語ならばなんら
問題は出ないわけです。

普通ならね・・・。

でも。

これは、アダ○○っていう分野になる事。

女性の着衣の画像をいくらアップ
しても問題はないのですが。

裸体になったら、話は変わってしまう。

しかもそれでお金を支払ってもらうと
話はまたまただいぶ変わってしまう。

お金が発生する事で、営業行為になる。

そして、アダ○○が絡む営業となると
映像・動画でもなのですが、

風俗営業の許可が必要となる。

はい。
これあまりに当たり前の事なんだそうで。

すっかりとこの点を見落として
いたわけです。

そう。
アダ○○とは、なんでもそうなのですが、
話は別になる。

規制も超厳しくなる。

そういったものなんですね。日本では。

今は、そういった活動があまりに手軽に
インターネットの中で出来てしまう
ので、許可が必要になる。

この事を抜かして考えてしまい
ガチなのですが、営業行為とアダ○○。

この2つが絡んだ時というのは、無許可で
行うには無理があるって事なんです。

たぶん、これを忘れてしまって活動を
してしまっている人って多いと思うんです。
手軽なだけに。

・・・現に、俺も友人から指摘されな
ければ危なかったですもん。。。

あーよかった。

もうね、色々な企画を自分の中で
立ててたんです。

もしこういった事が可能であれば。

「マジックミラー号的な活動。」

が可能になっちゃうじゃないですか。

地方を回って出演している女性を集めて。

で、それで作った作品を全国の興味を
持ってくれる人に購入してもらって。

その資金で次の作品を作る。。。

最高に楽しそう。

と思ったんですが、これをやるとなると、

AV会社と同じ営業許可を取る必要が
あるという事になる。

さらに言えば。

この分野って、取り締まる側の
受け取り次第で、いくらでも
取り締まりを受けてしまうという
非常に難しい分野。

さすがに俺には、そこまでの
根性はありません。

そこまでのリスクを冒してまで
そういった営業許可を取り、
やっていく程の覚悟もありませんし。

改めて、そういった人間の本能に
直結している部分での営業行為というのは
強く規制をされているんだな。

と思ったわけです。

夢のように楽しそうな活動なんですが。

残念ながらまず、普通の男性には
出来ない活動なんだって事が
分かって凡人である俺はあきらめる
事にしたんですね。

あー。

残念。

最後に・・・。

※このお話はフィクションです。

なお、
アダ○○の営業行為は、営業届を出し
許可をもらった上で行わないと
厳しい取り締まりを受けます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び
-

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER