人間メカニズム

私達は攻めるよりも、引く事ができないので知っておきましょう。

全員。
とにかく引けなくなります。

これが大きな負担を自分にかけると分かっていても
引けなくなってしまいます。

引けなくなった自分に引けなくなります。

ここをもう少し説明していきます。

基本的にはリスクが嫌いなんです。

皆。

2万円が当たる、くじ引き。
1回引くのに2万円。

確率は

10回に4回は、2万円全損します。

(この表現をされる事で、より意識は全損に行きます。
それでリスクが高いとおもってしまう。
で、そこで思考は止まり。リスクが高いと判断する。)

・・・。

冷静に考えると、やるでしょ。

が。
実際の場面では、多くの人はやらない。

人間の仕組みとしては、

『損をする事を倍、嫌う。』

つまり

『倍得をするような条件でギリやるかやらないか。』

だから、圧倒的に得をするような

かけじゃないとやらない。

それぐらい   『失う事を嫌う。』

これが面倒な事に発展をする大元。

適当に付き合っていたのに。

彼女が分かれると言い出したら、そこから
多くのコストを投入しようとする。

が。
これはもう無駄なコスト投入になります。

ほとんど回復の見込みがない投入なのに、そこに
多くを投入しようとする。

コストで考えたら、現状を良いものにする
ために投資をする方がコストパフォーマンスは良い。

つまり付き合っている男性でコスト投入するのが
もっとも効率的。

が。

そんな事は、損をする・失うという場面になると
考えられなくなって、多くのものを投入しまくります。

典型的な例が。

フラれてしまった場合。

この状態は失ってしまった状態。

この状態には耐えられなくて、どうにかしようと
必死になる。時にそれはストーカーと呼ばれる
行為になる。

何年もその女性が連絡をくれる事を待ち続ける。

結婚をしたのに待ち続ける。

月に1500本メールする。(アウトですが。)

得るものよりも、失うものを過剰に重要視すると
こういった結果になりますが、
どんな人間にも備わっている感覚です。

後は理解をして、自分を動かせるかどうか。

驚くぐらいに、不合理な選択をしてしまうもの。

インターネットで女性との接点が作れるように
なって、仲良くなって。

今度会おうよ。

という約束をした。

ここまで3ヶ月投入。

で。
当日になったら、女性からのドタキャンの連絡。

が。連絡はあったから。本当に都合が悪くなったんだ。
と考えて、その後も連絡を取り続ける。

そして、また会う約束。

さらに前回のドタキャンから1ヶ月投入。

が。
またドタキャン。

でも、また同じ事を考えて、また同じ活動を。

これまで自分が投資した時間を失いたくない。

という典型的な投入コストを回収したいという
考えに侵されています。

冷静に判断するならば。

この女性は会うつもりはない。

ただ暇つぶしの連絡を楽しんでいる。

と考えて切るのが、もっともコスト削減になる。

その女性と毎日LINE10往復。

に持っていかれてしまう意識量の無駄コスト。

このコストがあれば、他の女性何人でも接点は
作れるという計算をした方が良い。

目的は何か。

遊び。

ならば、その目的をなるだけ低コストで再現させる
事にコストを投入した方が、どう考えても
効率的。

投入したコストを回収しよう。

とするのは、もっとも効率が悪くなる。

悪循環への道です。

私が眩暈がするぐらいにもったいないと
思うのが、確率が低い女性を待ち続けて、何年も
他の女性とは接点を作らずに
待機している状態。

眩暈がします。

男性本人にとって、今のその時間より先は、より女性からの反応が
落ちていくという先しかないのですから。

その時間の投入コストの高さに眩暈がします・・・





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-人間メカニズム
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER