学び・知識・知る事

クソ野郎にならないために。

これは次の世代にパスを渡す立場に
なっていく俺達自身への話です。

恋愛とはちょっと違います。

比較的体育会系の中に身を置いて
いる事が多かったので、まあ
面白いぐらいなクソ野郎を目に
する事がありました。

代表的には
暴力の入った行為ですね。。

まあ、場所によって多い多い。(;´・ω・)

で、そういった人達の決め台詞って
あるんですよ。

「俺達の時は、もっと厳しかった。」

これは言ってはいけない。

なぜ、言ってはいけないのか?

どうせ嘘だから。

まずこういった嘘をさらっと本当の
事のように言えてしまう所から
クソ野郎への道が始まります。

えー、言葉が汚いので、

クソ野郎⇒ダメオ。

という言葉に変えさせてもらいます。

まず、自分達がつらい思いをしたり
苦労をした事って、過大に評価します。

だから口に出す時には、
盛り盛りにして、話をしてしまうんです。

そして、盛りに盛った苦労話。
大変だった話をして。

「すごいでしょ俺。」

って思ってもらいたい。

だから、盛る。

盛ったら盛っただけ、すごいって
思ってもらえるという考えが背景に
あるんですね。

だから、やればやるだけ、さらに話を
盛っていかなければならなくなる。

サラリーマンの俺寝てない自慢
のようにですね。

仮眠的に2時間寝ているならば、

「昨日“も”、貫徹で。」

って言いたくなるのが人の常。

まあ、こんなものは、全然もって
許容範囲ですよね。

ちょっと盛って話をしている程度だから。

特に誰かに迷惑をかけるわけでもない。

ちょっとした自慢に毛が生えた
程度の物ですから。

問題は、他人に迷惑をかけるダメオ。

これは問題です。
そもそも、このタイプの人は
自分がそれをやられた事は
ある程度のラインでは本当。

でも、そのやられた事を
次の人には残さない。

当たり前のように感じる事なんです
けど、これがあまりできる人は
多く無いんです。

断ち切れない人が多め。

でダメオの場合は、自分を尊敬して
もらうための道具として、
これを利用し始める。

だから、自分の時にやられた事
で自分は本当はつらかった。

なんてのは考慮にいれないで、

ただただ厳しくして追い込んで、

「な、こんな事にも平気だった
俺ってすげーだろ。

もっと俺を敬えよ。」

これが下の世代をいびる人の
メカニズム。

考えられないんですね、
こんないびりをしたら、心底嫌われる
という単純な事が。

続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-学び・知識・知る事
-, ,

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER