Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

満足度は男性側が高くなるという女性遊び。

男性側は女性に提供できるものを考えて
提供をする形をとる事で、他の男性との
差別化を図っているんです。

私の考え方として、これを現状もっとも
優先して考えています。

これをやるためには、男性側で準備をする
活動自体に慣れる、さらに上達をしていく。

こういった事が必要になるので。

ただ飲みに誘って、その後ホテルに行って
行為を行うのに比べて、それまでに積み上げていく
コストは高いんです。

が。

実際にこれを(提供するための活動)やっていくと
感じる事があるようになると思うのですが。

ただ飲みにいって、その流れで関係を持って
スッキリ。

というケースよりも、

満足感が高くなる。

こういった事が多々感じるようなケースが
多いかもしれない。
こういった事を経験するようになったりするんです。

提供するのって、ただただこちらが多くの事を
女性に負担をするので、非常に面倒なんだけど。
って思う男性ももちろんいると思うのですが。

提供できるのってのは、実際の場面では全部
その場面をコントロールしているのは
自分自身・男性側になるんですね。

この全コントロール感というのは、私にしてみると

すごい快感のレベルが高い活動だと思って
いるんです。

かつ、男性的な活動だと思っています。

で。
こちらが提供しているものが、その場面を
全コントロールしているし、女性はそれによって
すごい快感を感じている。

「ぜひまたお願いします。」

っていう言葉をもらえる事。

自分がやっている活動の価値を再確認できる事。

これってまた違った角度の快感があると
思うんですね。

これは男性と女性との関係を考えていく上
では、決してズレていなく、より自然な形に
近いなって思っていて。

男性は女性側に提供をするものがあって。

女性はそれに応じて反応をしてくれる。

動物で言えば、力と交尾の関係みたいなもので。

なんとなく、この形はお互いに相性の良い活動だな
って思うんです。自分でもなぜ満足度が高いんだろう
って考えた時に、こういった考えが浮かんで

そういう事だろうなって思うんですね。

人それぞれ違うのですが、私の考えとしては
活動として、価値があるのは提供されるよりも、
男性として提供をする側になる事かなと
思うんです。

/風/俗/というのは、トータル的なコストからみると
すごく要領が良いものだと思います。

月1回程度で満足できるならば、それはそれで
良い選択肢かもしれないと思うんですね。

自分の価値を上げようとか、対女性への興味を高い
状態にしよう。
そうすると自分に日々負荷をかける事になります。

そういった事を考えないで良いので。

自分が好きなものを好きなだけ食べて、太っても
お金を媒介する事で、関係がほぼ100%関係が成り立つ
ので、ひたすら仕事にエネルギーを注ぎ込み
大量に得た報酬で性欲を発散させる。

これも一つの良い形だと思います。

もちろん、メリットとデメリットはありますが。

射精を目的とするならば、1Pでも良いわけです。

今は良いグッツがありますから、映像の充実度も
目が離せませんし、無料ノーカット動画の反映なども
すさまじいものがあります。

そう考えると、1Pよりも比較にならない程、
時間もお金も労力もかかる活動をするならば。

それ以上の大きな満足感と快感というものを
得ないとやらなくなります。

これが今、私が/風/俗/に関して(一時期は検証で利用しました。)
まったく触れていない理由なんです。

そうやって提供する側、主催する側としての
楽しみを得るようになると、多くの発想が
出せる可能性も高めるかなと。

そうなってくると難しい点は。

女性の本音とタテマエを見分けて、提供する
内容を作っていく事になるんですね。

本音とタテマエに関してはまた次に
お話をします。

ここも大切です。

カウントダウンタイマー

■カリスマ的な魅力を持ち、女性からの興味を
惹きつけて離さない存在感を持つ。
重みがある言葉を放ち、周りにいる大切な人達を
軒並み明るく楽しい気持ちにさせ幸福感をもたらし、
周りの人にとって無くてはならない
中心的存在になるための方法【brain】












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年8月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:女遊び

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ