方法論

ルックスが悪くても、中年のおじさんでも勝負できる方法。

あたりまえのことなのですが男女ともに、
ルックスは良い方が最初は成功率が高いです。

相手からの反応も良いです。

初期段階ではこの条件を持っている。
それがより高いレベルであれば、ブッチギリで有利
なのは、今更言うまでもありません。

単純にそれが明らかな、他の男性との差別化であり
優秀な男性の表現になっているからです。

これはオンライン・オフライン関係ありません。

ただ文字で勝負すると言う、オンラインでは
実際に会うとどうしても、
イメージと現実のギャップが生まれてしまいます。

それはオンラインは文字を使うという活動の性質上、
文字を使って女性にアピールする事になるので、
その文字を見ながら女性は、その男性をイメージして
いく事になるからです。

そうするとより良い内容を表現できるように
なると、それに伴って女性側は

自分にとって都合良く解釈をしたくなってしまいます。

もしかしたら素敵な男性なのではないかと
考えてしまう確率が上がってしまいます。

この形になってしまうと、どうしても現実との
間にギャップを生む事になってしまいます。

折角会っても、
その後にリピートされないという事に
なったりします。

会っている時に明らかに女性のテンションが
下がっていくというケースになる場合も
あります。

もしもあまり自分が外見的に良い状態ではない場合、
あまり外見に自信が無い、年齢的に女性とのバランスと
取られていない可能性がある。

などのなんらかのネガティブ要素がある場合。

相手をがっかりさせてしまう可能性があります。

では、どうする事もできないのか。

となると、それはそうでもないです。

全然そうでもないんです。

むしろ全然違う切り口があり、その切り口の
有効性は素晴らしいんです。

ここにはある活動が足りなかったという
原因があるからです。

つまり、対策を練る事が十分過ぎる程に可能なのです。

というのも、もしもあまり自分が外見的に
優れていないと思う場合であったり、
他にも女性にとってのネガティブ要素になるであろう
要素を抱えてしまっている場合。

事前に

じっくりと時間をかけてコミュニケーション

をとることで、実際に会った時のギャップで
あったり、女性にとってのネガティブ要素を
限りなく少なくすることができます。

理由はそれまでに重ねたコミュニケーションによって、
女性の中でより安心できる状態になっており、

内面について興味を持てる状態になっており、

外見にそこまでの興味比重がいかなくなり、

イメージも実際のコミュニケーションの中で
作られているので、そこまでイメージが
暴走する事が無いからです。

その男性に対して持っている焦点が
変わっているので、問題にならなくなる確率を
高めるわけです。

このように事前に丁寧なコミュニケーションを
重ねる事により、ギャップを生みずらい状態にする
事ができるんです。

という事は。

コミュニケーションも適当で。

その前段階での自分を表現する活動自体も
噓八百で。

実際の本人は女性にとってのネガティブ要素を
複数抱えてしまっている男性は、

会うと、またもう一度その女性と会う。
という展開は全くない。となってしまうのです。

そういった理由があるので、もしかすると
女性が自分と会うとがっかりするのではないか。

そういった心配がある場合は、
事前のコミュニケーションを
丁寧に積み重ねることを考えると良いです。

そうするとその後の展開も非常に楽になります。

それを武器にするという考え方もあります。

その代わり、丁寧で心地よいレベルの高い
コミュニケーション力が求められます。

なお。

もう少し付け加えます。

丁寧なコミュニケーションとは、女性との間に
信頼関係が生まれるぐらいまでに

少し踏み込んだ話ができる間柄になった。

ぐらいが良い目安です。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-方法論
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER