Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/zyoseisinri/www/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
時間・労力コストを使わないためには、切り口を考え続ける。 | 恋愛・女性心理研究所
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

時間・労力コストを使わないためには、切り口を考え続ける。

セクシャルな遊び前提で使っていく
有効な場所は、数がほとんど決まっています。

後はどうやって他の男性とは、
違う切り口を使って行くか。

そういった持ちネタをどれだけ増やしていくか。

オンラインで活動する場合は、それが大切になります。

これをオフラインにすれば可能性は広がるのですが、
それでも結局オフラインにする場合は、
女性に直接話しかけると言う具体的な交渉が入ります。

そのためにオンラインで活動するよりも、
具体的な総合力はどうしても
必要になってしまいます。

さらに年齢が高くなった場合は
様々なしがらみであったり、
それが仕事関係の人であったり、
知人などに見られると致命傷になるような
ケースが飛躍的に多くなる。

よって40代以上になってくると、
平均的な立場にある男性はオンラインの活動に
切り替わっていくことになります。

そうなると40代以上の男性が常に、
オンラインには非常に多くなることが
分かると思います。

無料のアプリというのは数多くありますが、
基本的な考えとしては全滅だと思ってください。

一部の超例外があるぐらいです。

基本確率はないと思った方が良いです。

これを踏まえると冒頭の話になります。

後は女性が興味を持つ切り口をどれだけ持てるか。

そしてそれをどれだけオブラートに
包んで表現ができるか。

その中にはセクシャル要素が入っている。

そういった切り口が持てると、
そういったセクシャル要素が入った内容では、
活動できない場所でもひっそりと
活動できるようになります。

グレーなのですがグレーであるほど
一人勝ちができます。

ただ難しいのはその切り口が見つかっても、
私がもしも皆さんにお伝えをする。

たとえ数を限定したとしても、
その瞬間に私が一人で活動していた時、
その時よりは確実に反応が減ってしまうわけです。

切り口を見つけるそして伝えることの
矛盾を抱えています。

そのためなるだけ分散するように、
今後も切り口を作らなければならないのです。

悲しいことに最も反応がある美味しいタイミングは、
結局切り口を見つけた私になってしまう。

非常に難しい問題です。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年8月28日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:女遊び

このページの先頭へ