自己形成

怒らないのは難しい。/その3

恋愛関係で言えば、どういった事を
したら女性のデメリットになるのか。

居心地を良くするには、どういった
事を女性にすれば良いのか。

こういった判断も出来るようになる
わけなんですね。

これまで無駄に自分の価値を下げて
いたような言動も取らなくなります。

そうすれば、必然とこちらから、

「俺は価値のある男性なんだ。」

と怒りの感情を持って主張しなくても、
女性の方で、勝手にこの男性は
他の男性とは違うかも。

感じ取ってくれるようになりますから、

「俺の価値を知れよ。

判断に従えよ。

俺の話を聞けよ。

もっと大切に接しろよ。」

と怒りながら主張しなくても
良くなるのです。

価値が無い時には、耳も貸してくれ
ないですし、信じてくれないから

怒りの感情で、声を大にして言わないと
意識をにこっちに持ってきてもらう
事もできないから。

でも、実際にそうやって
怒りの感情でむりくりに意識を
こっちにもってきてもらっても。

やっている事、言っている事が
ハチャメチャだったりしたり、
結果として全然信頼できないものと
なった場合には。

「ほら、やっぱりお前ダメじゃん。」

ってなってしまうんです。

で、そう判断された事を受けて、

「いや、待ってくれ、今のは違う。
今のはただちょっと間違っただけだから。」

という。

でも、ミスったんだからもう相手にはして
くれなくなる。

相手にされないから、また怒りの感情で。

ってなってしまう。

ループループ。

ではどうしれば良いのか。

もう小さな小さな積み重ねしかない。

今でも俺は色々な問題にぶち当たった時。
人間関係で悩んだりする時に、

「どうすれば良いのか。」

そして、すぐにどうにかできる答え
がある事を望んでしまいます。

とその答えを切望してしまう事に
まだまだ自分としての幼稚さが
残っているわけです。

アホさ加減がたっぷりと残っている。

どうしたら良いかなんて、人間関係に
正解は無い。

答えなんか用意されていないし。
聞いても答えてくれる人はいない。

答えがあるとしたら、その人と関わって
きた自分だけ。それも正しい答えに
なるはずもない。

怒らないためには、回りの人から
判断や発言や言動を信頼してもらえる
担保を積み重ねてきた事。

これがバックボーンとなる。

続きます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-自己形成
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER