考え方

女性に影響を与える言葉を使えるために。/その2

「俺はこんなに、お前を好きなのに。
お前はまるで俺の事を大切にしない。」

を、

「この言葉って、相手にとって必要
であり適切な言葉なんだろうか。」

に当てはめると、すぐに分かります。

相手にとって必要な言葉ではありませんし、
自分が思い通りにならない事への
クレームでしかない。

ね。

言葉を使う時に、自分の言葉の適性を
ちゃんと考えらえると、女性から
嫌われる可能性を減らせると思って
いるんですね。

そもそもの話なんですが。

このように自分が使う言葉を
判断しようとしないタイプの人は、自分の
言葉によって、さらに嫌われやすい
自分を作っていく事になるんです。

こういった状態になっている男性は、
他人から何かしらのアドバイスを
もらったとしても。

まるで聞く耳を持たない傾向が
強いんですね。

で、その癖に自分が使う言葉には
ものすごく素直に従ってしまうんです。

「俺はこんなに、お前を好きなのに。
お前はまるで俺の事を大切にしない。」

も、当然の事として自分を従わせる
わけですし、さらにエスカレートして
行く事になります。

それも正しい事なんです。
自分に対してエスカレートするように
言葉をかけ続けるわけですから。

本人の中ではエスカレートする事も
正しい事であり、ものすごく正当性が
ある事になるんです。

あと自己防衛をするために、言葉を
使いだすと止まらなくなる事って
あるじゃないですか。

そして自己防衛をしている内に、今度は
言葉を相手を傷つける方向に持って
行こうとするんです。

相手を傷つける事によって、自分が
傷つく事から逃げようとして。

自分が傷つかないように
するために、相手を傷つけるための言葉を探す。

でも、本人は相手を傷つける言葉を
探しているとは思わないような
言葉を探す。

傷つける言葉を使う事。
これを正当化できる言葉を探す。

「それをする事が、この人のためなんだ。」

これまた決まりきったフレーズのような
この言葉を自分につかって。

相手を傷つけて安心する。
そして相手を自分に縛り付けようと
するわけなんです。

これは嫌われるといったレベル
だけの話じゃなくて、回りにいる人
を不幸にしていくタイプなので。

まず自分が使う言葉について考える
必要がありますし、本当にそれは
相手のために使う言葉なのかを
考える習慣が必要になると思うのです。

続きます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-考え方
-,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER