会話・言葉

女性に楽しい会話を提供するためには、ココに気をつける。/その1

女性と話をしている時などで、

「女性と関わりがある
人が、何かで成功したとします。」

すごく分かり易い例で言えば。

女性が既婚者で、
その子が幼稚園受験をしたとします。

そして、見事合格をして。
コミュニティーなどの飲み会で
それを楽しそうに話をして
いました。

で。

「すごいね。
がんばったんだね~。」

「頭がいい子なんだ。」

「どんな勉強したの。」

「毎日、何時間勉強したの?」

などなど。
質問が頭に浮かぶと思うんです。

特に男性は。

もちろん、そうやって受験に関する
事について聞くのは相手側に
とっても楽しい話題です。

でも、もっと聞かれてうれしい
ポイントがあります。

それは、受験ならば受験に対して
がんばっている、

「自分のストーリー。」

です。

子供のためでもあるんですけど。
でも、それと同じぐらいに自分の
ためでもあるわけです。

そして、その話題の中で一番
知って欲しい事、理解して欲しい事は、

まず間違いなく受験を通して
自分が頑張った事、
苦労をした事。

人知れず悩んで寝れなくなった事。
寝不足にも関わらず、めげないで
がんばった自分のストーリー。

なんですね。

これが、一番のポイントなんです。

独身であったり若いうちは、誰かの
ためにがんばる自分というものを
あまり経験しないのですが。

年齢を重ねると、自分ではない誰かの
ためにがんばるような場面が
増えていきます。

男性ならば、今までは自分の仕事の
成果だけを考えれば良かった
ものが、部下ができて部下の成果を
上げる事を求められて、
それが自分の仕事になってくる。

で。

部下のために、試行錯誤する自分。
みたいなものも出てくる。

その部下が成長したら。
それは自分にとってもうれしい話。

でも。

その中で、会話で一番聞かれて
うれしいのは、やっぱり
部下が成長した事もありますが、

そのストーリーの中で、自分が
どれだけの事を考えて試行錯誤
したかという点なんです。

続きます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER