表現の仕方で女性の反応は違うので、まずこれはやらない事。

女性と接点を作る時というのは、
女性に最初に見てもらう部分により、
印象が決定していきます。

ぱっと見て、その後はもう二度と見ないという事も
あるわけなので、(そのケースがほとんど。)

ですからその確率を少しでもあげる事を意識する事が
大切になってきます。

女性が見るであろう、パートについては、
最初から女性にとって興味深いものであったり、

女性にとってメリットがある内容を
表現する必要があるわけです。

では例えばで話をしていきますが、
自営業をしていて家で仕事をしているとします。

それを自己紹介で言うならば、
自営業をしています。で話が終わります。

それを全国旅しながら仕事してます。

自営業であればそれが可能になるからです。

(これが正解というわけではなく、そういったやり方
を採用しているならば、それを表現しない手は
ないよって事です。)

っていう言葉に置き換えられるだけでも
全然その後を見ようと思うわけですね。

例えば自己紹介をするとしても、
自分の中で他の男性とは違う切り口で表現できる部分。

この点を自分で考え、うまく表現できるように
なっておくということが大切です。

それは別に仕事に限らず色々な切り口があるわけです。

自分が今まで生きてきた中で、どこが他の男性と違うか。

ここから考えていけば、色々な紹介の仕方が
見つかってくるわけです。

こういったことを全体を通して、
考えながら構成をしていくことで
女性からの興味の持たせ方というのは、
かなり変わってくるわけです。

フォーマットに従って自分を表現する。

ということは全く何もしないよりは良いのですが、
結局どの男性を見ても女性からしてみれば
一緒ということになってしまいます。

多くの人を女性は見るということを前提に考えれば、
切り口というものは、しっかりと考えていく
必要があるわけです。

だからテンプレートというのは、考えられる中で
最も最悪な形なわけです。

なぜならばその男性男性で強みは違います。

その強みを全面に押し出した方がよく、

弱みは出さない。

接点を女性と作る段階では、自分の弱みを出す
メリットはどこにもないからです。

例えば保険として、

自分は人見知りなので。

という内容を表現する男性がいますが、
そういったこともいらない。

女性側からすれば、そんな事を言われても
わくわくもしなければ、興味も持たないからです。

「って事は、最初は会っても気まずい雰囲気が
流れるだけなんだろうな。」

っていう解釈をされるだけになります。

結局、最初から男性が人見知りって表現をしてしまう
って事は、

「最初にコミュニケーションを取る段階では、
女性側が主導してくれる事を希望します。
私は人見知りだからです。」

と宣言をしているようなもので。

弱みを最初から表現しておくって事ってこういった
側面があるので、一切いらないと私は考える
わけです。

最初は女性にとって関わるメリットがある男性です。

っという点にだけ力を入れればいいわけです。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年9月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:印象

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ