Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

学校が超楽しくなったタイミングと、女性獲得活動は関係する。

誰にでもあるかなと思うことなのですが、
学生時代でも、ひたすら学校に行くのが
楽しい時期というのがあったりします。

例えばそのわかりやすい一例として、
人生で初めて誰かを深く好きになった。

その時から、ただ起きた段階で
学校に行くのが楽しみ。

別に特に何もない。

その子と仲良いわけでもないし、
学校にいったら、一緒の時間を過ごせるわけでもない。

でもただ見れる、たまに一言二言のコンタクトがある、
ただそれだけの事で学校に行くのが
最も楽しいイベントになる。

これと女性獲得活動というのは、密接に関係している。

全く関係ない事のように思うかもしれません、
恋愛の気持ちとか、初恋が関係するってこと?。

そういう事でもありません。

そこに自分が楽しみを感じてしまう、
わくわくを感じてしまう、

そういった感情が入る対象に対して人は
止まらない楽しみを感じる。

つまりそこに楽しさを感じないと
人のモチベーションは上がらない。

モチベーションは続かない。

そもそも動かない。

モチベーションが上がるから人は、
そこにエネルギーを注ぐ。

誰も興味ないことにエネルギーは注げない。

つまらない仕事が長くつらく感じるのは、
そこに興味がないから、楽しみがないから。

もし仮にその仕事の中に超自分が
ドハマリするものがあれば、エンドレスに
毎日頑張れちゃうもの。

それが人の仕組み。

パソコンは普及したのは、
そこにインターネットがあったから。

インターネットが普及したのは、
そこにエロがあったから。

そこに何か自分にとって楽しみで、
しょうがないものが用意されている時、
人はそこにエネルギーを使うことを厭わない。

エロパワーで、そこから超パソコン使いになって
いった初老の男性を私は知っている。複数知っている。

たとえ北海道からでも、わざわざ女性が
時間を使い来てくれる。
※過去実例アリ。

その理由は、女性側がそこでしか得られないと
感じている楽しみがあるから。

そこに自分がいるからと考えると発想は広がらない。

そこにどんな楽しみを用意できるのか。

これを考えると活動は、より良い方向に行きやすいし、
発想もより広くなっていく。

自分だけをエンターテイメントにする必要はない、
エンターテイメントは、
色々な力を借りても OK。

そうやりながら自分全体が作り上げる形を
楽しんでもらえるように、
興味を持ってもらえるようにする。

そうすると年齢はあまり関係なく
女性が集まりやすくなる。

あと、発想自体は自分が遊ばないと浮かばない。

カウントダウンタイマー

■カリスマ的な魅力を持ち、女性からの興味を
惹きつけて離さない存在感を持つ。
重みがある言葉を放ち、周りにいる大切な人達を
軒並み明るく楽しい気持ちにさせ幸福感をもたらし、
周りの人にとって無くてはならない
中心的存在になるための方法【brain】












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年9月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:女遊び

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ