恋愛理論

自分の望んでいる結果を手にする方法

これは私も例外なく落ちた罠なのですが。

私の友人には、超イケメンがいて、
そのイケメンと一緒に合コンに
行くと、とりあえず、その場にいる
女性のほとんどがその男性に
目を惹かれる。

ま、男性からみても、これはしゃーない。
と思うレベルなのですが。

受け入れるまでは大変です^^;

珍しく私に話しかけて来て連絡を
教えてくれた女性から一言、

「今度その友達君と
仲良くなりたいから飲み会を開いて。」

と言うただのパイプ役として
声をかけらえただけ
という感じだったり。

そうすると考え方は誤った方向に行く。

イケメンじゃないと
うまくいかないんだなと。

そういった考えを採用をすると

“他人との比較をするようになる。”

↑はい、これがドツボのスタート。

彼のようにならなければ
自分が思ってるような
結果は手にすることができないと。

しかし現実はそうやってると
うまくいかない。

なぜならばそもそも
彼と私とではポテンシャルが違う。

他の人を比較対象にしてしまうと
大抵、抜けられない深い深い墓穴に
陥るわけですね。

私たちができることは

“自分ができる範疇まで。”

↑これがアホほど大切。

才能がある人の才能を羨ましがっても
どうにもならない。

例えば私のようなケースならば
自分が何の結果が欲しいのかを
考えてみればいい。

女性を手に入れたいので
あれば別に彼と比較して

彼に勝つような必要はない。

これが分からなくなる。

他人と比較をすると。

目的は目的で、それをクリアー
すればよいから、
他人と比較する必要もない。

現実としては八割彼に行くのが
現実だとしても、それはそれでしゃーない。

だったら自分は別で活動をすればいい。

結果にフューチャーするのであれば
結果が手に入れば OK だと考えればいい。

彼のようにモテる必要はないし
(どう逆立ちしても無理だしね。)

高確率で女性から気に入られる必要もない。

20人女性がいれば
一人上手くいけばいいわけだ、

だったら簡単な話になる。

20人の女性と接点を作ればいい

ただただただただ、それだけ。

そしたら自分の満足いく
結果が手に入る。
ならばそれでよし。

他人と比較してもしょうがない。

というのはそういった意味。

自分ができること

自分が望んでいる結果。

マッチしてれば、
それでオールOK なわけです。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-恋愛理論
-,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER