女性にはストレートな表現をしてはいけない訳。

聞いたことがあるかもしれませんが、
日本人の女性の中でも年齢がある程度高くなり
独身の女性でバリバリ仕事などをしている女性。

この女性達の中には、海外に行き。
その海外の現地の男性を性的な目的で購入している。

男性が海外で女性を購入しているのと同じやつです。

男性の場合。
こういった行動をそのままストレートに
海外で買ってきたという風に表現をします。

男性が考えるとそれ以外の説明の仕方が
思いつかないのです。

物事と直結しているからです。

事実と直結させて考えるからです。

自分は海外に行って女性を買った。

この事実をそのままストレートに言葉にする。

しかし女性は全く違います。

女性に何しに行ったのかと聞いても
ストレートに答える人はほぼいません。

ではどうやって答えるのか。

休暇を取って海外に行ったらそこで
知り合った男性と恋に落ちた。

旅先でのロマンスがあった。

こういった表現を使いたがります。

男性からは決して出ない言葉の組み立て方で
説明をしてくるわけです。

男性からすると事実は全然違うじゃん。
って思うのですが、女性はそうやって考えたいし
そうやって説明をしたいわけです。

これは私たち男性は知っておいた方が良い
女性の考え方のメカニズムだと思っています。

つまりこういった女性たちと
もしも日本にいながら接点を作りたいと思うならば。

「ガンガンやりましょう。」

じゃあ絶対に捕まえることができないわけです。

仮に女性側は海外に行って現地の男性を
買うような属性の女性だとしても。

ガンガンやりましょう

では反応しないわけです。

女性が望むファンタジーの世界を
そこに作ってあげればいいわけです。

女性は頭の中で想像のストーリーを作りたいなら、
私たちもそれに合わせて一緒に
想像のストーリーを作り
それを提案してあげれば良いわけです。

そうすると男性と女性との間には
接点が作られやすくなるのです。

こういった理由があるので
私はいつもストレートに言葉を使っては
効率が上がりません、というお話をしているわけです。

だから入口は全然違う形で用意をする必要が
あるわけですし、できるだけ使う言葉にも
注意をしたいわけです。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年9月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:女性の特徴

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ