Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性に安心感であったり勇気を与える万能な方法

すごく簡単な話なのですが、
私はこれを非常に重要視しております。

そしてものすごく利用しまくっています。

意図的にやり続けています。

それは何かと言えば
触れるということです。

私は昔から意図的にやっている事
なのですが、本命の女性であったり
大切な女性には、とにかく
スキンシップを多くしています。

ハグなどの数が非常に多いです。

これは感覚的な話としては、
その方が女性との間に良い感覚が
広がるような感じがするから。

他には実際に分かっている事実など
から総合的に判断をして、
そのような行動の選択をしています。

(わかっている事実などは以下にて
お話をしていきます。)

日本人の文化にはあまり
馴染んでいるとは言いにくいのですが、
相手に触れる、人に触れる
というのは非常に
大きな意味を持っています。

単純に人を安心させたり、
温かい気持ちにさせたり、
時には勇気を与えたりする
ことができるのです。

これは影響を与える対象が女性
だけじゃなく、人間全般に
適用されるのです。

特に意図的にやった方が
良い相手は小さい子供達です。

身近にいる人達は意図的に
接触する回数であったり、
接触する時間であったりを
意図的に多くする。

これって意識することで行うことができ、
ポジティブな影響が
かなり多いので意図的にやらない
という意味がないです。

男性同士では向かないですが、
親しい関係の女性が相手であったり
小さい子が相手であるなら
積極的にやった方がいいです。

具体的にどういった影響が
あるかと言うと、

社会性が高くなったり、

他人のことを信頼できるようになったり、

性格なども穏やかになる。

こういった傾向を高めます。

逆に言えば触れられるという
総体験量が少なければ、
逆の状態になりやすくなります。

他人を信頼あまりできなかったり、
攻撃的な性格になったり、
社会性が低くなってしまったり、
ルールが守れなく
自分をコントロールする力が低くなったり。

よってあまり良くない家庭で
育つと、大体スキンシップなどの
総量は少なく育つので、あまり良くない感じ
の人格に育ってしまう傾向を高める。

それは至極当然の流れであり、

人間は言葉を使うよりも前から
触れ合うということを
基本コミュニケーションとして
生活をしてきたという流れがあるからです。

大切な人とはふれあう回数を増やし
時間を増やすように意識してみてください。

これを継続すると良い関係が
作りやすくなるはずです。

特に子供をこれから育てていく
世代は、メリットしかないので
やってみてください。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ