Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

新しい女性遊びの切り口を作る方法。

私が採用している方法です。

今の自分の持ち範疇のネタから
何をしようかと考えている時には、
新しい切り口というのは生まれません。

自分の中にあるものだけから、新しい発想するのは
私のような凡人には無理だからです。

だからこうやって考えています。

今まで自分がまだやってない遊びってなんだろう。

(この場合の遊びは女性遊びに
直結してなくてもいいんです。)

で、やった事が無いものが見つかった。ならば。
自分がやった事のない遊びを着々とやっていきます。

これだと自分が動きやすいからです。

自分の中に無いものは出てこないので、

では逆に自分がやってないことをやれば、
それが自分の経験になり、それが元ネタとなり

で新しい発想が生まれるようになります。

(もちろん、毎回ではありません。)

考え方としてより良く発想を出していくためには、
これは〇〇だからしないかな。

否定的な言葉からは考えが非常に前に進まない。

新しいことは生まれづらい。

ということが分かっています。

人間の性質として何かをしてはだめ。

こういうような否定的な命令は
あまり自分にインプットすることができないのです。

否定系。

例えば、飲み会をしていて、隣に
巨乳の女性が座っていて。

「隣の子の巨乳を見てはだめです。」

と言われたら見ないではいられなくなります。

が。

「向いの子って、結構緩いタイプの子
らしいから、うまくコミットしてみなよ。
うまくいけば、今日いけると思うよ。」

と言われたら、途端にもう隣の巨乳の子の事は
考えなくなります。

・・・私なら。

自分がしたくない。というタイプの考えからは前に進みづらい。
だったら考え方としては、
やった事がないことで何をしていこう。

やる事を前提で考えた方がスムーズ。

女性のしたい事って、くだらない事が多いから
楽しい遊びってないよな。

じゃなくて、女性が好きな遊びってなんだろう。

の方が発想は恐ろしく出てくる。

ちなみに昨日までアナウンスさせてもらった
新しい手法も、スタートはこの考えからでした。

さあ次はやってないことで何をやって行こうかな。

セクシャル要素が入ったエンターテイメントで
やってない遊びをやっていこう。

スタートはここからでした。

そこから発展して一つの形としてまとまったわけです。

自分の中に新しい体験を入れていかないと
発想そのものが生まれてきません。

新しい体験を入れてみたから
数珠つなぎのように次々と繋がっていき、
同じような種類のよりクロージングしやすい
形になって行ったわけです。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年9月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:女遊び

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ