Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性獲得活動で丁寧な対応が良い理由。

丁寧な活動をした方が良いのは、
それだけ反応してくれる質が良い女性が
増えるというのもありますが、

事前に質の悪い女性をカットすると
言う意味もあります。

なぜかと言うと人は、自分が理解できる
コミュニケーションスタイルの人に集まる。
文章を使う人に集まる。

自分が慣れ親しんだ言葉の使い方に、親近感を
覚えるもの。
理解がしやすい。
自分の感覚として反応がしやすい。

そういった傾向があるからです。

明らかに雑で性欲最優先にしているような
男性側の文章でも、反応する女性というのは、

そこにある男性の表現している事への
違和感というものに文章から気づくことがない女性。

そういった雑で自分の性欲にしかフューチャー
していない文章を見て、興味を持ててしまう女性。

そういったコミュニケーション感度を
持った女性がヒットするのです。

ある程度以上のコミュニケーション感度
を持った女性は、コミュニケーション感度が
悪い男性が表現していることも理解できますし、

丁寧に表現している男性の
コミュニケーション感度も理解ができます。

当然この女性は後者を選ぶわけです。

しかしコミュニケーション感度の良くない女性は
自分が理解しやすい方向、
そちらを選ぶ傾向があります。

単語であったり、要件のみであったり。

読みやすくて、短いもの。

丁寧なものは読むのが面倒だったりするので。

丁寧な対応をする男性とは呼吸が
合わないというのもあります。

丁寧な対応は少し言語コミュニケーションを
多めにとる事になりますので、そういった
コミュニケーションスタイルを選択する男性は
面倒だと考えるのです。

単語コミュニケーションしか取れない女性は、
コミュニケーションの取り方は、

単語コミュニケーションの方が
自分のリズムなので、心地よいと感じます。

丁寧なコミュニケーションは、
自分のリズムではないので、
波長が合わないと思うので、
コンタクトしなかったりします。

ここが重要なポイントになります。

丁寧な対応ができる人は、丁寧じゃない
コミュニケーションも取れます。

単語コミュニケーションだって基本対応できます。

相手があまり丁寧なコミュニケーションを、
求めてないと分かれば、その質を下げて
コミュニケーションをとることもできます。

この逆は成立しないのです。

単語コミュニケーションしか取れない人は、
丁寧なコミュニケーションは取れないのです。

よって雑なコミュニケーションしか取れない人は、
そのコミュニケーションの取り方しか
選択はできない。

のでそのコミュニケーションに
マッチした女性のみしか
手に入れることができない。

女性側もコミュニケーション感覚が悪いので
コミュニケーション感覚の悪い男性と
接点が作られやすくなる。

その質は低い。

少なくとも、事前のコミュニケーションで
コミュニケーション感覚が低いな。

と感じる女性で、会ってみて
キレイで一緒にいて心地良いと感じる女性に
会った事が無いです。

だったら私たちが取る選択としては、
相手によって融通を利かせることができる、
丁寧なコミュニケーションをとることができる男性。

この立ち位置を取った方が良い
ということがわかります。

相手によってコミュニケーションの形を
変えることができるのは、こちら側に
立っている人にしかできないからです。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年9月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:恋愛理論

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ