Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女遊びをする男性は出世するのは本当か。

女性遊びをする男性は出世をすると言われます。

この理由は様々な要素があると考えています。

まず男性のエネルギー量に関係してきます。

女遊びをする男性は、比例してエネルギーが高くなります。

男性のエネルギーは性欲と密接に関係しています。

というのも男性の本能として備わっているものが、
多くの女性に自分の種をことと分かるからです。

これは女性達は否定をしますが、
生物上の問題なのでただの事実だと考えた方が
より現実的だと考えられます。

人間の活動意欲を刺激するものの
要素の一つがエネルギーであることは分かると思います。

男性のエネルギーは男性ホルモンが
大きく影響しています。

テストステロンは男性の性欲に大きな影響を
及ぼすホルモンです。

密接に関係しているのでエネルギーが多い男性は、
必然的にテストステロンも多くなります。

テストステロンが多いとどうなるか。

テストステロンが多いと男性は攻撃的になったり
性欲に反映されたり、良い面としては
仕事にも没頭する事が出来たり。

競争心が強くなったり。

負けず嫌いになったり、こういった面が強化されます。

仕事をしていくのは、どうしても競争
という面がありますので、
人との争いを好まない穏やかな性格である男性は、
不利な場面に立ち会うことが多くなると思います。

仕事などは高いエネルギーを保ちつつ持続して
何十年も続けられないと良い結果を出し続けるのは難しい。

そうするとどうしてもエネルギーが
高い男性ホルモンが、より多く出ている男性の方が
有利になってしまう傾向があります。

仕事面に関してはそれがプラスに出るのですが、
エネルギーは違ったところにも行ってしまう。

それが女性遊びになってしまうのです。

こうやって考えていくと矛盾点が見えてきます。

女性は浮気をしない誠実な男性が好きだと言います。

しかしその男性があまり仕事ができず
経済力が低いと不満を持ちます。

仕事ができて経済力が高くなれば
生物としてのエネルギーが高い男性の傾向が出てきます。

エネルギーが高い男性は
テストステロンの値が高いために、
どうしてもエネルギーは仕事以外の、
男性の本能の欲望に近い性欲に影響を及ぼします。

よって仕事が出来エネルギーが高く
テストステロンの値が高い、

比例するように仕事もできる経済力も高い、

しかし一切女性には興味を持たず家庭のためだけに生きろ。

ここはうまく成り立たないようになっています。

もちろんそう言った男性もいると思います。

しかしそういった男性を見つけるのは
生物的に見た場合、矛盾になる点が多すぎて
基本的にはほとんど存在しないと考えた方が無難です。

上手な女遊びは、考えないと破滅する。

上手に女性遊びをする男性は、
実はすごく考えながら遊びをしています。

逆に女性遊びが女性に簡単にばれてしまう男性。

こういった男性は女性遊びに関して、
あまり考えながらは遊んでいません。

今目の前に気になる女性がいるから、
その女性に手を出す。

性欲に支配されそれを最優先にし活動する。

そうするとそこには活動に無理があり
不自然な点が生まれ、不自然な点については
女性側観察力が高いので簡単にばれてしまうのです。

よって上手に女遊びをする男性は、
あらゆる点で、より自分にとって条件が
良い環境の中で、遊ぼうと考えます。

いかに不自然な点を作らず、
自分の都合が良い環境下で遊ぶことができるか。

そしていかに自然に完結させるか。

こういったことを考えて女性遊びをします。

そのために性欲最優先で遊んでいる男性よりも、
遊びが非常にばれづらい環境にあります。

このように女遊びということを考えただけでも、
上手に遊ぶためには試行錯誤が必要になります。

これがまた仕事の出世に関係するわけです。

試行錯誤のように考え策を練りそれを実行する。

活動しながらその精度を高めていく。

より多くの女性に要領よく
反応してもらうにはどうしたらいいか。

こういったことも考えていく。

少ない時間の中で要領よく遊ぶためには、
最も良い活動を選択していく必要がある。

結果はこういうことを考え
実行していくことができる人は、
エネルギーが高いのもあるが、
考え実行していく行動力もある。

よってそれは仕事とも比例の関係になる。

必然的に出世をしてしまう。

という形はあり得ると考えています。

エネルギーが少ない男性は活動量も少ない、生産量も少ない。

仕事はどうしても生産量が関係してくる。

生産量が多い人ほど仕事ができる
という結果に結びつきやすい。

単純に営業マンとして考えてみる。

1日に一件の新規契約も取れない営業マンと、
5件の新規契約をとってくる営業マン。

単純に生産量が高いのは後者になり、
評価されるのも後者になる。

生産量と活動量そしてエネルギーは比例の関係にある。

女性遊びを要領よく行なっていくにも
要領と活動量というのは密接な関係がある。

積極的に考え活動しない男性は、そもそも女遊びもできない。

特に中年以降になると、非常に苦戦をする。

その環境下でも遊べるとなると、
やはり考え仮説を立て実行をして、
その結果から改善点を見つけ、
この繰り返しをやっていける男性のみ中年以降も
上手に遊び続けることができる。

一つの考え方として。

女遊びが上手にできる男性は、比例して仕事も
できるという結果になってしまうと考えられる。

男性としての男性ホルモンテストステロンの値が
非常に低いが、非常に精力的で生産量が
多い男性というのは少し考えづらい。

休日は疲れ家でずっと寝ている
平日は仕事から帰ってきてテレビを見ている。

その男性が性欲が高く勃起力などもギンギン
ということは考えづらい。

なぜならば人間の体は使わなければ退化していく。

それが人間の体のメカニズム。

よってエネルギーが少ない男性は省エネの生活を好む。

省エネの生活は人間の体が退化していく生活スタイルをこのむ。

結果だんだんとエネルギーが少なくなっていく。

比例して女遊びをしようなんて言うエネルギーも出なくなる。

当然エネルギーが少ないのだから
仕事に注ぐエネルギー量も少なくなってしまう。

こういったことを総合的に考えると、
女遊びと出世というのは、
ある程度は密接に関係する。

男性側目線で見れば、男性としてのエネルギーを
向上させていくことは意識した方がいい。

じゃないと生活の質全体が下がっていく。

そもそもこれ意識しないで活動していることインポになる。

インポになる確率を高めていくが正しい表現。










■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年9月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ