Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

何を話す、に困る場合は問題は言葉ではなくある部分にあります。

これは非常に重要なこととなります。

女性に人間として興味を持ってもらったり、
コミュニケーションをとりながら男性として人間として
興味を持ってもらう。

そのためには一見すると、言葉自体が大切な気がします。

そうすると次に考えるのは、どういった事、
どういった言葉を話せばいいですか?であったり、
何を話すと興味を持ってもらえますか。

などの表面的な言葉の使い方に意識が行きます。

言葉というのは、どのように出てくるか
を考えていきます。

そうするとその本人が何を考えているのか。

もっと言えばその本人の考え方のベース、
ここを元として言葉というものが出てくるわけです。

ですから何を話したらいいのか。
何を言葉にすればいいのか、

それより前にどういった考え方を持っていますか。

こちらの方が重要になるわけです。

なぜならば自分の考え方を通して、
その中で考えた物の一部が言葉として
表に出てくるからです。

このように言葉についてを考えていくと
自分が何を考えているのか、その考え方というのは
非常に重要になってくるそれが分かってきます。

考えた結果として答えが出てきているからです。

その人に興味を持つかどうかというのは、
その人がどんな言葉を喋っているのか、
それで興味を持つわけではないわけです。

なぜならばどこにでも書いてあるような言葉であったり
ウィキペディアを見ればわかることを聞いても
面白くはないわけです。

その人がどんな考え方を元にして今意見を言っているのか。

それが面白く感じられたら興味を持つわけです。

そうするとその言葉はどこから出ているのかとなると、
その人が何を考えてるかによるところが大きくなるわけです。

これがわからないと何も考えてないような
男性に感じられてしまったり、
すごく薄っぺらいな、という感じを与えたりします。

自分自身の考え方が薄っぺらいならば、
もしくはほとんど考えていないならば、

言葉もやはり薄っぺらくなってしまいます。

私に科学についてお話を。
と言われても、鬼のように薄い話しかできない。

これと同じような形です。

科学に興味がある人間からしたら、私の話への
興味はチリほどしかないって事になるわけです。

考えていくと実はすぐに、女性に興味を
持ってもらえる男性になるのは、
ちょっと難しくて時間がかかる
ということが分かってきます。

なぜならば考え方というのは、多岐にわたり
時間をかけながら変えていくしかないからです。

ではどうしたらいいのか。

まずは対人関係の事についての考え方をより良い状態
にしていくと良いと思います。

人は対人関係の中で生きているので、この点を
考える事が、もっとも汎用性が高くなるからです。

良い考え方を自分の中に入れていくしかない。

日々色々な考え方に接し、この中で
自分に取り入れたい考えを自分に取り入れていく。

そして実際にコミュニケーションなどを取りながら
その中でコミュニケーションスタイルを考えていき、
考えたものの一部が言葉として現れる。

今までの時間をかけて作ってきた
自分の考え方なので、1ヶ月で劇的に変わる。

というのは無理があるわけです。

そうやって考えていくと、やはり何を考えているのか。
ここが非常に重要になります。

だからその人が作る言葉には
その人が出てしまうわけです。

その人の日頃考えている考え方が
その一部として出されるからです。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年9月26日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:会話・言葉

このページの先頭へ