Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

好かれる男性の言葉の使い方、特にこんな時こそ大切。

例えば彼女と一緒に旅行に行った。

その時に旅先でちょっとした
トラブルが起きた。

例えば女性が車の運転中に、

「道、こっちじゃない?」

と言ってそっちに行ったら、

すごい細い道でU ターンが
出来なくなってしまった。

ここで最悪な男性のパターン。

「お前どうすんだよ。」

全部責任を相手になすりつける。

この時の男性の考え方は、
間違ったのは女性側のせい。

自分は言われたからやっただけ。

結果迷った。

文句を言えば解決する。

という他力な考えを持っている。

とりあえず困った時があったら
攻撃をすることはやめる。

困ったら助けて。
って言えば誰かが助けてくれている。

と思っているから出てくる態度。

それはあまりに幼稚過ぎる。

そうじゃなく取るスタンスは、
お互いに一緒に活動してる
わけなのだから、

一緒に解決するという姿勢。

この姿勢をとるのが
より自然な考え方だと思うわけです。

この考え方を持っていれば
出てくる言葉が変わってきます。

困ったことになった、

「このままバックできるかな?
ちょっと外とかに出て
手伝ってもらえる。」

というように一緒に
解決しようぜと言うスタンス。

では、またちょっと違ってケースで。

考え方としては近しい場面として

相手側の考えがちょっと
おかしいなと思った場合、

「それは変だろ。
常識で考えろよ。」

ではなく、考え方としては

一緒にいる相手なのだから、
先ほどと同じです。

一緒に考えるというスタンス。

このスタンスを持っていれば
使う言葉は全然違うものになる。

「これってまた違う風にも
考えられると思うけど、どう思う?。」

※そしてここから
その理由を説明していく。

なんでもかんでも相手に
責任を押し付けようではなく、

“一緒にいる仲間で一緒に考えていく相手だ。”

こう常に思っていれば
出てくる言葉は全然変わる。

今お話ししているのは
テクニック的なものではなく、

人付き合いでの考え方・立ち位置。

こういった細かい場面場面での
行動というのは、

テクニック云々よりも

この人とどうやって
付き合っているのか。

自分の人との付き合い方に
対する考え方。

という基本的な部分が
大切になってきます。










■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年9月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:考え方

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ