Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

あらゆる場面で、〇〇がその場面をダメにする。

対人関係で最も不要なのが
怒りの感情を相手にぶつけることです。

これが最も対人関係で
無駄な行動のひとつです。

怒りの感情を相手にぶつけると、
きっちりリターンとして
相手側からも怒りの感情を
引っ張りしてしまう。

これが怒りの感情の作りとなります。

引っ張ってしまうんです、自分の
怒りの感情が相手の怒りの感情を。

怒りの感情を出して、相手から
良い感情は決して返ってこない。

という事が分かっている。

怒りの感情には、怒りの感情で返す
のがもっとも自然の流れになって
しまっているんです。

こうなったらお互いに感情が
ヒートアップしてこの場面は
破綻をするわけです。

そこにはハッピーエンドは無い。

どちらかがこれを知らないと
その場面はエスカレート
しかしないわけです。

知っている人はその感情を
出さないようにうまく
コントロールをするか、

相手側が出してきた場合は、
なんとかその感情を和らげるような
方向に持っていく。

知っている方がそれをやった方がいい。

うっかり自分もそのペースに
乗って怒りの感情を出してしまった時は、

途中で降りる。

「はっ、この流れまずいヤツ。」

って感づいて方向を変える。

知っていればこれが出来る。

知らない場合は、自然の感情の流れ
に身を任せる事になる。

相手側がこの感情のメカニズムを
知らない場合は、途中で降りることが
できないので、知っている側が
ちゃっちゃと降りた方が
要領が良くなります。

そしてさらに日本人の場合は、

より怒りの感情であったり、
強引な流れというものを
嫌う傾向にあります。

代わりに日本人が好む傾向が
高いやり方は、丁寧にソフトに、

遠回しに相手の意思に
沿わせつつ目的の方向に持っていくこと。

日本人的な文化を大切にしつつ
こちらの要望にやんわりと持っていく
というやり方をやった方が
相性良く行くわけです。

特に男性よりも女性の方が
その傾向は高いので、
(丁寧でソフトかつ、遠回しなやり方
を好むという傾向。)

インターネットで活動するならば
丁寧な言葉・間接的な言葉を
使いながら女性にアプローチを
する方がうまくいくわけです。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年9月29日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:感情

このページの先頭へ