Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

刺激を求めている女性は非常に遊びやすい相手。

刺激が足りなく刺激を求めていると、

(情報自体が何もないような状態など。)

本来自分が求めていないような
刺激の形でも欲しくなり、
そして簡単に考えが変わっていきます。

これをハードに利用したのが
マインドコントロール
だったりするわけです。

完全に情報・刺激をカットして
なんでも良いから自分に
入れる刺激を求める状態に
追い込んでいく。

強制的にそういった状態にする。

そこで意図する内容の刺激・
情報を入れ込む。

刺激・情報に枯渇している状態
だから、なんでも吸収する。

そうすると考えはいとも簡単に
変わるという仕組みです。

これの弱い作用版として
応用もできます。

例えば超がつく田舎で育って、
刺激が欲しくてたまらなく
我慢をして高校生活までを辛抱。

刺激を求めて東京に出てきた女性。

これは素晴らしく
遊びやすい相手なわけです。

とりあえず、刺激が欲しいので
どんなことでもいいわけです。

とくに男女のセクシャル関係に
ついてはすべてが刺激的なので
全部受け入れてしまいがちなわけです。

そして男女関係について
自分が持っていた考えは
あっさりと変わっていく。

とにかく刺激に飢えていて、
なんでも自分に入れ込みたい
状態だったから。

だから世の中の大学生は
4月がパラダイスだと
言われるわけです。

実際、片田舎でもさらに
田舎の方から上京してくる
女性がいるので、やはり4月の
大学生にとってみたら、
その時期はパラダイスになる理由
は、こういった事が関係するわけです。

そこからある程度、派生して考えていくと、
若い女性たちは、まだいろんなことを
知らないので、特に性に関しては
知らないことが多く
刺激を求めている確率が高いわけです。

よってこれを上手に
刺激してあげられると、

女性側の方からその刺激を
求めて集まってもらえるわけです。

(これは散々、活動として
焦点を絞ってやってきましたので
十分に理解をしているつもりの
ポイントです。)

後は自分で労力を使う形
に持ってくか、労力を抑え
拡散する形をとるか。

刺激を求めている相手というのは、
刺激を与えられるという
男性にとってみると
非常にお互いに都合がいい
相手となるわけです。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年10月5日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:人間メカニズム

このページの先頭へ