Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

共感できる力が強い人と、共感できる力が弱い人の差とは。

人と話をしていて、自分の話とかに
非常に共感してくれる人は、
やはり話をしていて
気持ちよく感じるものです。

共感をしてくれる人というのは
自分に対して優しい対応を
とってくれやすくなります。

なぜそういう風になるのかといえば、

例えばこういったテストがあります。

「自動車の中に鍵を忘れてしまいました。

電話をかけたいので
お金を貸してください。」

こう言われた時に
優しい対応ができる人と
できない人の差は、

“以前に自分が同じ経験を
したことがあるかないか。”

ここに大きく左右されるわけです。

つまり人によく共感できて、
そして優しい人というのは。

いっぱい痛みを伴い経験を
している。

多くの多角度の経験をすれば
するほど人に優しくできるように
なっていくわけです。

よって経験を全然してない人
というのはどうしても、
他人には優しくできなくなる
傾向が高いわけです。

まったく経験がないと、痛みを
しらないので、他人の痛みを
想像する事ができないんです。

ので、どうしても他人の気持ちに
鈍感で、理解が出来ない。

成熟をしていく男性が
人から好かれるのは、
自分が生きてく中で
いっぱいの失敗やミスをして、

他人が同じようにミスすることにも
許容できるようになっていく。

どうにもならない事がある。

正解は無いって事。

他が関わる事がほとんどなので
自分の一存ではどうにもできない。

などを全部わかってくる。

結果、良い意味での諦めも
手に入る。

という面もあるからです。

なぜ許容できるようになるのか、
それ自分も通ってるからです。

なので色んな失敗は
自分の中でしといた方が
他人がやってしまうことも
分かるので対応が優しくなりがちです。

若い時は尖っているけど
徐々に丸くなっていくというのも、

やはり他人に対して共感できることが
多くなっていくからという
面もあるからなのです。

そして、多くの痛みを知ってしまうと
他人に攻撃的でいれなくなっていく。

分かる事で選択できる態度が多く
なっていきます。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年10月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:生き方

このページの先頭へ