恋愛方程式

女性獲得活動で、ある仕組みにはすごい威力があります。/その2

女性が自分から選ぶという能動態の状態で
動いている。

この状態がかなり男性にとってみたら良い状態なのです。

これが最重要のポイントになるわけです。

受動態の女性と、能動態で自分で選んでいる。
という感覚を持っている女性。

どちらの方が可能性が高いのかは
言うまでもないわけです。

エンジンがかかっていない女性をその気にさせる
のは難しいですけど。

もう男性に会う前提の心理状態になっている女性を
その気にさせるのは非常に簡単。

なので私たちは活動する場合は、この状態にある女性
を前提に活動してた方が良いわけです。

そういったところに専用のアプリの
メリットがあるわけです。

そして私たちはもう一つやるべきこと。

その活発になっている女性、
でもその女性と接点を作るためには、
接点を作られる理由を強化しないといけない。

接点を作られるポイントを強化することで、
女性側のメリットが生まれる。

この女性側のメリットを強化しない限り。

私達が有利な状態で活動して行くことができなくなります。

その有利な状態とはいったいどういった状態か。

女性の興味を持つ層を何層にもしておく。

※何層にでも出来る場所の方がより有利になる。

これは使う場所によって、
だいぶ変わってきてしまうのです。

男性側の活動の自由度が低ければ低いほど
活動の要領は下がってしまいます。

なぜならば女性にメリットを感じさせる方法として、
マンツーマンでのコミュニケーションを
主軸にしないといけないからです。

マンツーマンのコミュニケーションを
主軸にして女性が感じるメリットを
最大化させるには時間がかかってしまいます。

システムとして、基本的に女性が自ら能動的に動き、
男性を選んでいるんだよ。というシステム導入は
素晴らしいのですが。

その場所の中でも男性側の自由度が高いか
高くないかにより、また活動の要領
というのは変わってきます。

そして次の事が最後、もっとも重要です。

【他の男性を見ながら、
結局は自分を一番多く見てもらう。】

活動的に女性が自ら男性を選んでいる。

その行動をしている時に、

一番見た男性。

その男性に女性は決定をする。

長く見ているということは、その男性に興味を
持っていると女性の中で判断をする。

では私たちができることは何かを考えていく。

女性に少しでも長く見てもらえるような
工夫をしていく。

そのために工夫ができるポイントは
どこかを考えていく。

女性に見てもらうために、使えるポイントは全部使う。

使えるポイントは、活動するその場所場所に
よって変わってくる。

より自由度が高い所であればあるほど、
この仕組みを知っている、私たちは要領を上げて
活動することができる。

何も知らないめんどくさがり屋な男性達は、
最も不利な行動を選択する。

それはなぜかと言われたら面倒だから。

しかし勝負を分けるのは、
女性にどれだけ長く見てもらえるか。

そこが勝負の分かれ目になる。

なのに面倒として考えていると、勝負にならない。

だからそれを分かっているから
中年の私でも、勝負に勝てる。

インターネットで活動している、
メリットをフルに利用しなければならない。

※メイン活動をされているメンバーさんは、
より理解を深めてもらいやすい内容になっている
と思っています。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-恋愛方程式
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER