Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性関係の活動で、中々できずに苦戦をした考え方。

私が女性獲得活動で最も、
苦戦をした考え方というのがあります。

それはどんな考え方かと言うと、

自分の好みの女性のみ相手にしたい。

自分が可愛いと思う女性のみ
ターゲットにしたい。

本当すごいシンプルなのですが
これが非常に自分の活動の
足を引っ張ります。

もうすでにある程度以上女性
を集めることができるように
なった男性ならば、
もうこの考え方は全然うまくいかない。

という事を理解していると思います。

特に中年以降になった場合は、
この考えを持っているとうまく回る
事というのは、ほとんどないです。

中年に限らず男女の関係では、
イメージには男性が女性を選ぶ

というイメージがあると思います。

私はそうなっていないと思います。

なぜならば男性はある程度の
女性であれば行けます。

女性は選んで一人の男性を
選ぶというのが、長年ずっと
採用されてきている形です。

よって結局は男性がアプローチは
するものの、最終的に選ぶ側は女性になる。

ならば私達がやって行くと良いのは
特に年齢が上になればなるほど、

まったく自分に興味がなさそうな
女性は最初から関わらない。

基本的にそこから巻き返せない。
もし巻き返せるならば、その理由を
自分なりに明確に作れている
一部の男性のみ。

だったら、
脈がありそうな女性にする。

自分ができることは少しでも
その可能性を上げる努力。

そうなるとオフラインよりも
オンラインの方が有利になる。

自分の強みを作ってそこに
ヒットする女性だけを集めればいいから。

こういった簡単なことに
気づくこともできなかったのは、

私が若い時には、まだオンラインでの
活動というものは存在していなかった。

なのでとりあえず自分が気に入った、

そこが最大の活動の動機になって
しまっていたわけです。

そこから活動積み重ねて、
私たち男性側が女性を選んでいるようで、
ただ単に女性に選ばれているだけなんだな。

ということが分かったわけです。

そうすると活動はシンプル化します。

最初からこちらの持っている要素に、
好意的な反応をするで
あろう女性がターゲットとなるわけです。

言われればすごい簡単な事なんですが、
本格的に理解するのはなかなか大変です。

そして実際に来る女性を
受け入れると言う活動は、
実際にやってみるとわかるのですが
人見知りを多少する男性であればある程、

実は結構訓練の数を重ねないと
達成できないということが分かってきます。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年10月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:恋愛理論

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ