Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

今と昔だと、男女関係の発展の仕方には差がある。

これは意識しといた方が
良いことなのですが、
特に40代以上だとこれに
該当している人が多くなります。

私の学生時代もそうなのですが
今のように、事前により多くの
コミュニケーションを取れるような
手段というものはありませんでした。

実際に顔を合わせて話すか、
電話で話すかの2択です。

現在はそういったことはなく、
いくらでもコミュニケーションが取れます。

何ならば事前に自分のことは
ある程度、理解してもらうこと
すら可能です。

そうするとどういった差が
生まれるのか。

男女の関係が進展するのに
速度の違いが出てきました。

そりゃそうです何回もデートを
重ねたりして相手のことを
知る段階がある程度
省けるようになりました。

相手側のタイプを見て、どういった
展開にした方が良いのかなど、
複数回会いながら調節するという
活動自体の必要性もだいぶ下がりました。

なぜならば、それは事前にある程度
把握することも可能になってきたからです。

これを前提に活動した方が
私はいいと思っています。

なぜかと言うと遊び前提の
女性からしてみると、

そんな何回もただ食事に行くとか
望んでないというケースが
結構あるからです。

ちょっと遊びたいのに
食事に行って、ただ送るだけっていうのは、

遊び目的の女性からしてみたら
ただ面倒な人と思われて、
もう会うことはない。

ってなってしまったりします。

目的をある程度、明確化できるのも
今の男女関係市場になってきてます。

(インターネットだと特に。)

男性側は良れと思って
やっているのですが、
今はもう事前にかなり
相手の情報に見れるので、
昔ならではのやり方は
採用しない方が良いです。

現在は接点が作れる場所によって
ある程度、女性側の目的も分かるので、
早い段階で女性の方向性を見極め、

それに適した行動を
自分で選択した方が良いです。

例えば遊び前提で活動している女性から
聞いた例として、

性的な関係前提でしか、
その場にいないだろうという場所で
接点を作ったのに、

君に本気だから手は出さない。

というわけのわからないことを
言っている男性がいた。

おそらくこの男性からしてみると
それがその男性の口説き方の
パターンなんでしょうが、

時代の形にマッチしてない。

場所も見ていない。

ただ自分の言葉に酔っている。

一つの典型的なケースだなと思いました。

今は接点を作る場所から女性の属性を
見れるので、全体の構成をみて
自分の行動を決めて行けると
良いと思っています。

何回も会うというのは
良いことでは全然ありません。

女性の目的が何かに合わせることの方が
よっぽど重要です。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年10月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:世間の現状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ