Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

結局はこれがモテる上では重要。

その場面を楽しくしようと
私は自分から自ら色々動くように
していますという話をします。

その場面を楽しくするのは、
その場面を楽しくしようと
思う人がいるから
楽しくなっていきます。

ではなぜ、その作業を自分が
背負うのかといえば、
周りを明るくしたりするのには

自分がまず明るい感情を、
どんどん積極的に
出すことになります。

自分が感情を出さずに
淡々とした雰囲気を出しておいて、

周りを明るくするのは
無理だと思うからです。

そのために自分から積極的に
明るい感情を出すということをしないと、
私のような普通の人はその場を
明るくするのは難しいわけです。

そもそも、なんでわざわざ
そんなその場を明るくする必要があるのか。

これは非常にシンプルです。

明るく楽しい状態と、
淡々としている状態。

自分自身が明るい方が
楽しいと感じるだけです。

が。

結果、それは対女性関係での
大きなメリットにつながる
わけなんですが。

お互いに、時間を共有している
時間だって、結局は有限なので、
だったら楽しく・楽しくないに
分けたら楽しい方がいい。

ただそれだけです。

他の人とうまくやっていこう、
女性から好意的な感情を
引き出そうと思ったら。

この人は何を考えてるかわからない
と思われてしまうことに
メリットなどありません。

基本的に人間は最初は
自分の敵か味方かもわからないので、
用心をするというのが習性です。

ですから感情がわからない相手と
いうのはやはり怖く感じるのが
ノーマルな感覚。

ということが分かるのであれば
私たちはそれを理解した上で、

自分は分かりやすい人間です。

今この場面では一緒にいて
楽しいと感じているので
楽しい感情を出しています。

ということを理解しやすいように表現をする。

それは別に作ったわけでもなく
自分からその場を楽しもうと
思っているので、自然と
そういう風になっていくわけです。

これは自分に置き換えてみても
わかると思います。

感情の起伏はなく何を考えてるのか
分からなくずっとポーカーフェイス。

この人と積極的に関わりたいとは
あまり思わないわけです。

私の友人でアホほどモテる男性の
名言なのですが。

「女性相手には、
楽しく笑ってりゃいいんだよ。」

というのがありましたが
あれはあながち、間違ってはいないわけです。

まあただ彼に関しては

素晴らしい顔面

があったので。

明るい感情を表に出すことを
セットにすりゃ、それはどうにでも
なるわけですけれども。

人間関係では自分の感情というのは
分かりやすい状態で表に表現した方が
メリットは多いです。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年11月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:好かれる方法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ