Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

これがないと人間は基本的に駄目になっていきます。

すごい私も大切にしていることで
話にも度々出ますが、
人の肌と触れ合わないと
人間の心はだんだんと荒んで行きます。

だから色んな所でスキンシップは
大切だよという話が出るわけです。

触れ合うということで

信頼が生まれたり、
信頼する気持ちが高まる。

優しい気持ちになるホルモンが
上昇する。

日本は文化的な流れも
関係していて、スキンシップが
取れる相手というのは
親しい異性だけとなります。

そのためにスキンシップが
取れる相手が周りに一人も
いないという男性は結構多いのです。

ざっくり言えば、彼女がいなければ
スキンシップを取れる相手が
いないという状態になるのが
日本の男性です。

そして何年も彼女がいないという男性、
そして女性遊びも、
うまく行えていないという男性は
何年もスキンシップ自体がない。

肌の触れ合いというものを
行っていないとなるわけです。

人間の昔から採用されている
形なので、優しい気持ちになる
時間を作れない、他人への信頼が
上がるホルモンを上昇させる事もない。

この状態が続いたら
他人に対する優しい気持ちを上昇させる。
他人を信頼する気持ちを上昇させる。

こういった時間を持つことがほとんど
ないという状態で生活している
事になってしまうわけです。

こういった信頼・愛情などを感じる
ホルモンを上昇させる時間を持たない
生活を継続する。

と、

どうしても自己完結してしまうような
考え方が多くなってしまうと
思うんですね。

ガンガン遊べとは言いませんが、

少なくとも自分の周り、
そばにはスキンシップ取れるぐらいの
関係の女性は一人は欲しいかなと思います。

私達は、人と触れ合わないで
生きていくという風には
作られていないからです。

そうやって作られていないのに、
その形を採用する。

それを採用し続けると、いったい
結果どういう風になるかというのは、
不安が付きまといます。

今後そういった状態の人が
増えていくと一体どうなるんだろうなー

と不安な気持ちを持ったりもします。

インターネットが普及して
多くの人と接点が作れるようになろうと、

結局は肌感覚を通した
付き合いがないと人間にとって大切な
感覚というものは手に入らないわけです。

肌の触れ合いは大切です。

年齢を重ねていろいろ知っていくことで
分かる事なのですが、触れる・触れられるということの
あまりにも多すぎるメリットというのが、
分かってきます。

これをはずして生きていくわけには
いかないな。

とより強く考えるようになりました。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年11月8日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:人間心理

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ