コミュニケーション

視覚と聴覚に気を配る。

対人関係では、特に気を配りたい
点として、「視覚」と「聴覚」があると
思っています。

というのも。

人が、どういった気持ちになるのか。
自分が、どういった気持ちになるのか。

それは、この2点に頼って、判断を
していくからです。

この2点から情報を得て、どういった対応を
して行こうかを判断するものなんです。

具体的な例で言えば。

顔見知りで、ある程度、お互いに
知っている者同士だとして。

目が合って、明らかにこちらの存在を
認識しているのに。

そのまま、無視をして、通り過ぎたり。

目を背けたりする。

場合に、どのような情報が視覚から、入って
きたかと考えれば。

「あなたとは、話をしたいとは思わない。」

「あなたとは、関わりたくない。」

このような情報として、処理されます。

場面を仕事場とした場合。

「ちょっと、ここ、分からないので、
教えてもらっていいですか?」

と聞かれて。

「はぁぁ~~~~~~~。」

と、ため息を深くついてから、疲れたような目を
しながら、何の抑揚も無く、話をし始めたら。

面倒だな。このぐらい、自分でどうにかしろよ。

といった気持ちを持っている事が伝わります。

いつも、あまり回りとの関係が円滑に
運べないと感じている場合。

視覚と聴覚で、皆、大抵のコミュニケーション
を受け取っているという事を、
改めて、意識してみると良いと
思うわけです。

そうすれば、自分が発している、表情であったり、
言葉のトーンであったり、言葉の内容で
あったり。

そういった事がすべて、相手が、こちらとの
コミュニケーションを決定していくための
要素になる事が分かってきます。

自分が、こういった態度と言葉を選択した
場合、相手側の視覚と聴覚には、どういった
情報として、処理されるのかな?

この想像は、してみる必要があります。

これは、情報を与える場合での話。

逆に、情報を処理する場合も、どうやって
処理するかで、自分の感情と、その後の
対応が決定していきます。

親切にしてもらったりした後に。

「当然。」

といった処理をすれば、ありがとうの
言葉は、出なくなります。

エレベーターに乗っていたら、
カートを押した人が、入ってきて、
ガンとぶつかった。

「痛ってーなー。」

と言えば、それに続く、処理をしていく
しかなくなりますから、自然な流れは、
悪態をついた言動になります。

ちょっと、操作方法を間違ったのかな。

と、判断をしてみる事で。

ちょっと体をよける。
それを見て、相手側が、気づくことができて。

「すみません。」

といった言葉を言ってくる。

無用なトラブルは、これで避けられたりします。

だから、どういった情報を

「視覚」・「聴覚」に与えているのかを
意識してみる。

どういったように、情報を自分の中で、
処理をするのかで、自分の言動が
変わってくる。

ここを意識できると、ちょっと良い
コミュニケーションが引き出せるように
なるかもしれません。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-コミュニケーション
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER