エネルギーが出なくなる時

これは誰にでも起こり得る事です。

エネルギー一杯で活動をしていた
のに、ある時からパタッと
そのやる気がなくなる。

これはご自分の周りでもたびたび
見る事があると思います。

例えば超エネルギッシュに
メルマガを書いていた人がある時
からパタッと、発行しなくなった。

街に出ていたら、毎回会っていた
/ナ/ン/パ/師が突然パタッを
見なくなった。

あんなに名曲を乱発していた
アーティストがいきなり全然
エネルギーが出せなくなった。

やる気があんなにあった同僚が
全然やる気がなくなっている。

一概には言えないのですが、陥り
やすいケースというのがあって、

自分が目標として定めていた場所に
到達しそうになる・・・。

一見するとよい事のように感じます。

が。

それ(目標達成がもう近くにある。)
を感じた途端に、人間ってそれまでに
出ていたものすごい量のエネルギーって
出なくなるんです。

これ。
すごい難しい問題。

これがモチベーション問題。

アーティストとかってそれを良く目に
する事があると思うんです。

良く言われる言葉で言えば。

才能が枯れた。

ゴールが見えて、エネルギーが
無くなった。

と考え方を良く個人的には
採用して考えています。

例えば活動の中で、

去年スクールを開催しまして。

メンバーさんでこの活動に衝撃を受けて
エネルギーが出まくっていた
メンバーさんがいたんです。

今までに聞いた事も無かった活動
だったそうで、それに大きな衝撃を受けて
目標が明確になって、それまでに
ためていたエネルギーで一気に
走り出した。

が。

スクールの活動って、メンバー少人数
にするだけの理由があって、

活動自体がものすごくシンプルなんです。

だからしばらく活動をすると。

慣れます。

そしてそれまでに持っていた目標。

女性と次々に身体の関係になる。

これが驚くぐらいにあっさりと
クリアー出来てしまう。

それまでに定めていた目標。
これをあまりに拍子抜けするぐらいに
簡単に達成してしまう。

そうなると、それまでのエネルギーが
嘘のように失われる。

あれだけ夢見ていた場所に到達する。

強く思っていただけに到達すると
もう終わってしまった気になる。

というメールをもらって。

先にまた目標を設定する事の
大切さについてお話をしたり
した事がありました。

ワンケースに依存をする形になって
しまうので、それはそれでデメリット
があるわけです。

成長という面での。

目標に近づいて来たと思ったら
もっと大きな目標を作った方が
エネルギーが出っ放しでいられる。

それが上手く回るとすごく成長が
出来るが・・・

この次の目標設定を的確に設定する
事ができない、すごく難しい。

ズレたらやる気に直結しない。

大き過ぎても現実味がない。

これって俺達がこれからもぶち当たる
問題だと思っています。

目標が明確な時は、本当にワクワク
しますけど、その次も見据えていく
事が大切かなと思うんです。

じゃないと必ず止まる時が来る。

一度止まると、そこから動くのって
中々大変。

だから止まってしまうと、動けなく
なってしまう人が多いんです。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ