Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

男性の色気と生活臭/その2

色気・艶っぽさというものを出せるように
なるために、は生活の中での自分の時間を
しっかり作り

その時間の中で何をしていくのか

これをちゃんと意識していないと
ついついダラダラとした時間の使い方に
なってしまいます

ダラダラした自分の時間の使い方を
しているとそういった雰囲気が
出てくるわけです

これを前提に考えているとある点に
お気づきになるかと思うんです

遊び

これは自分の時間です

すでにピンときた方はお分かりだと
思いますが

色気・艶っぽい雰囲気を出すのであれば
当然ながら自分の時間の中で
そういった種類の時間をちゃんと
作っていかないといけない

ってことにつながります

この点は前回お話ししたような
抽象的なものではなく具体的な部類に
入ってきますが

それを継続的に持ち続けている男性と
全く持っていない男性では
やっぱり出てくる雰囲気が変わるわけです

雰囲気を作っていく要素は自分の時間の中で
どういった時間を過ごすのか

にかかっているというお話をしました

ここにリンクするわけです

ということは私たちは意図的に
自分の行動というものをも設計していく
必要があるんです

ここでまた大切になってくることなのですが
自分を意図的に動かすのであれば
それを意志の力で動かそうと
思ってもなかなかうまくいかない

自分が自分の行動を設計する際に
大切になるのは意志の力とか気合とか
そういうのじゃなくて

とにかく環境を作るってことが大切になるんです

人間は自分の意思や根性でずっと継続的に
動けるほど、うまくはできていません

例えば私の友人でこれを上手に
活用している人がいて、その人は仕事が
インターネットなので家で基本的に
仕事をするんです

でも仕事をする際に周りに余計なものがあると
絶対遊んじゃうので

そこで環境を優先にして仕事をする環境を
作ったここがポイントです

狭い部屋らしいんですけど

そこには机とパソコン

それとあとはトレーニングの機材だけしか
置いてないんだそうです

そうすると仕事だけして休憩はトレーニングする
仕事飽きたらトレーニング

みたいな虎の穴みたいな状況になるんです

がこれがすごく良いと言ってました

結果的にその部屋で過ごす時間が多く
在宅ワークなのに体が仕上がってる

って言うすごく素晴らしいサイクルを
作れてるんです

あと、月2回は新しい女性と遊びに行く
ルーティーンを作っているので
ネット使って、仕事の間に
接点づくりも同時並行でやっている

この部屋にいると出来る事は
おおよそこの3つ

でも、常に女性と接点が作られ続ける
環境だから全然、孤独感がなくて
あっという間に、次の女性との予定が
迫ってくるという時間を過ごすと

ちなみに、パソコンの前の壁には
カレンダーが貼られていて

そこにルーティーンの流れが作られている
か確認しているそうです

そのカレンダーにもあらかじめ自分の趣味の
時間も組み込んでいるので

彼の時間の配分は

仕事

生活

デート・趣味

※なぜ新しい女性との予定は2週間に1回なのか
というと、趣味も2週間に1回ペースで
時間を使いたいからだそうです

彼の場合は明らかに、自分の時間が
常に存在していて、それが自分の魅力を
上げる種類にもなっている

これは自分の意思というよりも
ほとんどこの環境づくりで成功は
決まったようなものです

このように私たちは自分の時間の
過ごし方によって、その人の雰囲気が
決定される

そして時間の過ごし方は環境によって
作ることが可能である

ということが分かってきます

それとやっぱり大切になってくるのは
自分を作っていくということもそうなんですが

結果的に色気を出したいのであれば
冒頭の話に戻りますが色気のある時間を
定期的に過ごしていくってことは
避けられないことだと思っています





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ