Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性獲得活動をして見える女性の生活の一部/その3

あくまでもアイディアっていうのはこういう風に
女性側のことを知っていくことで出ますよ

という例としてお話しします

地方から出てきた女性・一人暮らし・生活カツカツ

その属性女性にはギリギリな生活をしている
女性が少なくないというお話をしました

これはいろんなケースがあるんですけれども
本来地方から出てきて20代の女性が
一人暮らしをする

というのは生計が立ちづらい

だったら実家にいて実家の近くで仕事を
探した方が生活自体はうまくいくんです

それにプラスして自分の地元に友達の
ネットワークをしっかり作っておくことが
できれば、実家+友達のセーフティネットが
存在するので楽しく生活していく

という意味では全然そっちの方が
楽しく生活できるんです

地元にずっと残っている人の強みは
それだったりします

そうすると収入自体が低くても友達セーフティネットに
よってなんとかやっていける

コミュニティで多く人が集まれば
少ない収入でも、コミュニティで
シェアをすることによって回していける

という形があるからです

地方から東京に一人暮らしで出てきてしまうと
どう頑張ってもまず人脈作りは1からになります

セーフティネットはありません

という状況になってしまう

じゃなんでわざわざこっちに出てくるのか

と言うと本当にド田舎に実家がある場合は
周りに全く仕事が本気でないというケースもあります

以前のケースなんですけれども青森の
本当の田舎に実家がある女性は、ほんと周りに
仕事ないから

という理由で東京に来た

と言っていました

めちゃめちゃ美人だったんですけれども

例外なくやはり生活費がカツカツだって
話ししてたんで、ちょっと聞いてみたんです

そんなルックスいいんだから

そういう要領のいい仕事すればいいじゃない

というような話したら案の定、現段階で
考えていました

そして少しずつ始めているって事も言ってました

他にも同じような条件下の女性達がいたんです

自分自身を商品化することができる
ランクにいる人でも、今現状生活がカツカツ

じゃあなんで、自分を商品化しないのかって言うと

(商品化というのは、youtuberだってそれに
該当しますし、ショールームで活動をするのも
自分を商品化する活動の一種です)

じゃーなんでしないのか

理由はありますが、多くのケースであるのが

それは一番の問題は、その人がメンタルが弱い・
知的水準が低かった

ってことです

数字的に笑わせれば知能指数が70・80以下
ぐらいになってくると人とのコミュニケーションも
上手にとれなかったり

(このラインになってくると、読み書きも
怪しくなってきます)

人を怒らせてしまうけど、本人は一切理由がわからない

仕事中やってはいけないことをやってしまったり

生活上で問題を抱えることが非常に多くなるんです

本来ならば、そういった人が都内で一人暮らしを
するのは無理なんです

そういった人が生活がカツカツになってしまうのは
当然の流れなわけで

本来ならば生活保護をもらってしまえばいいのです

でも知的水準が一定以下に低いと
今度は難しいことができないんです

例えば何かしら書類を読み理解をする

ってことができない

そもそも文字の読み書きが満足にできないんです

一般の会話はできても、そこに書かれている
ちょっと難しい文章というのは理解ができない

他人と交渉することができない

だから生活保護をもらおうと思っても

そこで

「あなた健康で若いですよね
もうちょっと頑張って働いてみてください」

みたいに言われてしまうと、それに対抗できる
コミュニケーションが取れない

仮に書類を書かなければいけない

となってもその書類が用意できない
理解ができない

って状態になっちゃうんです

そういった女性がいっぱいいるんだよ

ってことは分かれば自分たちが提供できる
もののアイディアってのも浮かぶ

ってことが分かると思うんです

私がアイディアを出すのは一体何を
ベースにして考えているのか

仮にこういった状況の人たちがいっぱいいるんだよ

って分かれば、またそこがアイデアの出てくる
最大の要素になるんです

相手側の生活状況がわかる
相手側が抱えている困っているポイントが分かる
相手側が望んでいるものがわかる

そこが結局はアイディアのポイントになるわけです

基本的に女性側にとって必要だ

と思われる基本的な形は

”それが解決できなくて困る”

ならば、それが解決できる人であれば
そこに必要性が生まれるわけです

問題を解決する
自分の困ったことが解決できるというものに
対してならば人間は色々なコストを使う

っていう基本的な形があるわけです

ではそういったポイントで困っている

とわかったならばそのポイントを
私ならば解決できますよ

と表現できるだけでそこに圧倒的な需要が
生まれるわけです

なぜならばそれがその種の女性達が
今最も求めている需要だからです

こうやってアイディアというのは出していけば
その女性その女性にものすごく刺さる
アイデアが出せるようになるわけです

※あくまでもこれは相手の弱みにつけこみましょう

という話ではなく相手が困っていること・
求めているものがちゃんと詳細に分かれば

もっとも相手が望んでいる供給が
できるようになるというお話です





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ