Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

お話するのが難しい点ですが、良い質問です。/その2

女性の属性に合わせる自分づくりを
していくという点です。

で前回のお話が終わりまして。

この考え方はオフラインでは普通に行われて
いるものなんです。

自分の女性の好みに合わせて、自分を変える。

しかしこれは出来るケースと出来ないケース。
刺さりやすいケースと刺さりにくいケース。
刺さりやすい女性属性と刺さりにくい女性属性。

思いっきり向いている向いていないがあります。

などの問題点があるんです。

ので、汎用性を考えると、

“今ある自分を起点にしてブラッシュアップする。”

になります。

その上で女性に刺さる企画内容を発信していく。

例えば、20代の女性を中心に。

という広いターゲットならば、今の私の中では

女性の性癖

を取り扱う事が汎用性のあるやり方なんで
これをオススメします。

これがもっと具体的に、

きれい系清楚な女性をターゲットに。

となると、この場合は

刺さりにくい女性属性

になります。

この場合は狙っての活動がしずらく、このターゲット
に向けて自分を作っていく事はしずらいです。

その中でも確率を上げれるのが、

女性の性癖。

になります。

※そうそう。
前提は全部セクシャル前提で会う事。
これになっています。

このターゲットの確率を上げていくには
性癖にプラスして、その技術の多様化と

ノーマルな男性として、全体の質を上げていく形

がベターになります。

激レアな女性との関係が成立する場合には、
そこには多くの要素が関係してきます。

もちろん、運も大いに関係してきます。

その女性がたまたまタイミングよくアクセスして
たまたま目にしてくれたという運がないと
無理です。

ではその運をどうやったら。

となると、これは単純な反復の作業です。

女性側は、刺さりやすい女性属性。

その属性の女性を最初っからメインターゲットにして、
その女性に向けた自分づくり

+

性癖。

これが出来たから、激レアの女性との関係が成立
する確率を高めてくれます。

今簡単に、その属性の女性を最初っから
メインターゲットにして、その女性に向けた自分づくり

といってますが、これがまた不確定要素が
多いさらには、それが正解なのかどうかは
結果が出て初めて分かるので。

中々自分をターゲットに合わせて作り込んでいく
ってのは出来ないんです。

特に大人になって、固い仕事をしていると自分を
女性属性に合わせて変えていくというのは
無理がありますので。

ので、出来る出来ないがあるんです。

さらに途中で挫折しやすいです。

分かりやすいサインが女性から出ないんです。
分かりやすい手ごたえってないんです。

しかもヒットしても、自分がやった事が正解
かどうかはわからない。

特に一部の属性の女性達って、関わりたいと
思う男性の属性が狭いんです。

しかしそれを好む男性も非常に多い。

女性側は恋愛感情がどうのの前に、男性として
友達感覚としてでも関わるかどうかの
段階ですら、関わりたいと思う男性の
属性が狭いんです。

本人たちは無自覚なんですけど。
ものすごく狭い。

その女性層に向かって自分を作るというのは
ちょっと私は積極的にはおすすめが出来ない。

が。

もしも、その属性の女性をターゲットにしたい。

本人の持っている要素・条件として、適性が
あるならばやってみると面白い展開に
なる可能性が高くなります。

ここではその属性や、具体的にどういった事を
やったのかは、すみませんが
新世界にてお話させてもらいます。

実際に活動をしていると、よりこの内容の意味が
理解しやすくなると思います。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年3月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:女遊び

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ