レベルアップするために

私たちの無敵化、大作戦/その2

前回は希少性を作る話をしました

それに合わせて自分自身も楽しく遊べる
自分を作っていく

ということもお話ししました

私達はこの先にはタイミングの差こそあれ
人間と遊んでいきたい
(男女関係なく楽しく遊べる状態が
大切になります)

という状態になります

ずっと一人でいたい
人とは絡みたくない

という人もいますが多数派の人間は
やっぱり人と遊びたいってなるんです

これは男性女性関係なく人間と関わりたい
という感情になるわけです

で、その時になってどういった人だと
いくらでも接点が作れるのかと言うと

みんな楽しく遊びたい

という気持ちを持ってるので

そのテーマについて解消できる人

そのテーマを難なくクリアできてしまう人

っていうのはどこに行っても

どこに存在してても自分が発信することに
多くの人が反応してくれるんです

それは面白そうだ

と思うからです

基本的に人間がこれやってると楽しいなー

って思う要素を抑えておき

それに色んなパターンを当てはめていく

というのが私が遊びを作っていくときの
一つの方法なんです

そして遊びというのは日本には春夏秋冬があります

のでそれぞれの季節によって遊び方に
変化をつけていかないといけないわけです

そうしないと1年間通していろんな遊びを
して遊んでいくってことが難しくなるからです

なので実はたかが遊びなんですが
自分を飽きさせることなく継続的に遊んでいく

っていうのは結構難しかったりするんです

そうやってバリエーションを増やしてったり
発想を増やしていくってことは、いろいろと
やってみるしかないんですね

いろいろやることなく遊んでいると
大体パターン化したものしか出てこないんです

カラオケに行く
映画見る
本を読む
ゲームをやる

みたいに一つの形で終わっちゃうんです

例えば旅行に行くとしても、そこで考えて
色々と組み立てていくってことをしないと

ネットを見てそのプランに乗っかる
(ツアーみたいなもの)

って形になるんですけど

何かの企画に乗っかるよりも自分で組み合わせて
いくほうがバリエーションでますし

誘いをかけた時にも、みんなが知らない形なので

何それ面白そう

ってなるんです

遊びとして、ぽんぽんと提案できると
希少性が高い

ってなるわけです

例えば同性の友達を作りたいんだったら
それにマッチした遊びを提案すればいいですし

女性の友達を作りたいならば
友達になる専用の遊びを提案すればいい

より親密になりたいという目的があるならば
それに沿ったやり方をしてポップな遊びには
見えるけど、その中には女性が親密になって
いかざるを得ないような心理状態に持っていく
形を提案すればいい

などのように自分の持ちネタっていうのは
増やせば増やすほど自分ができることが
多くなりそれに合わせて

希少性も増えるんです

希少性は1つで出すものじゃなくて
掛け算で出していくものだったりします





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-レベルアップするために

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER