方法論

活動の拡張性という視点を持つ

自分が女性獲得活動をしている場合

その活動の拡張性というものを考えて
活動すると、その活動の拡張性が
大きければ大きいほどリターンは
大きくなります

効果も長期的なものを発揮しやすくなりますし
労力自体も少なくなります

拡張性について考えて活動していかないと
自分の年齢が上がってきた時に

自分が満足する結果を手に入れることに
苦労をすることになります

ではイメージしやすい例として

音楽のアーティストとかは
拡張性がある分野です

例えばがYouTubeとかで自分の音楽が
バズったとします

そしたらそこからライブに
発展させることができたり

ライブ会場では自分のオリジナルグッズ
という形でも販売ができます

ファンクラブという形で
有料のコミュニティサイトも作成できます

ライブをDVDとして
販売することができる

歌の歌詞自体を英語にすることで
世界に届けることもできる

みたいなのが拡張性がある活動です

逆にバーとかを回りながら流しで
音楽を引いて、おひねりとかを
もらっている活動ですと

その活動では拡張性が
すごく少ないわけです

ということは拡張性を狙って活動を
スタートするのであれば YouTube を

選ぶのか、バーを回りながらコツコツやるのかだと

YouTubeの方が拡張性がある

という考え方です

もちろん今の時代ならばバーを回っていても
いいなと思ったお客さんが
その動画をYouTubeとかにアップして
そこから人気が出るという可能性もありますが

あくまでも今の話は拡張性のある活動とは
どういったことか・どういった考え方か
という例です

ということは私が昔メインにしていた活動

一人一人に話しかけるというのは
拡張性がすごく少ないわけです

自分が話しかけたその人にしか
届かないからです

なのでその活動をやめてしまったら
もう何も反応はなくなる

しかし拡張性がある場合は
自分が動かなくても誰かしらが
自分の発信を見ることで
興味を持ってくれる確率が増えていく

これが拡張性のある活動で
拡張性というものを考えた場合は
インターネットを上手く利用すれば
拡張性が高い活動になります

のでこれからの時代を考えるのであれば
いかにインターネットを利用して
拡張性が強い活動が行えるのか

ということを考えた方が良くて

逆に今から スナックで女性を落とすには?

を考えるのはすごく拡張性が
低い活動となるわけです

(そんなことを今熱心にやる人いないだろう
と若い世代の人は思うかもしれないのですが
中年以上の世代になると
本気でこの活動に取り組んでる人って
少なくないんです

でも拡張性はほぼ無いので

目的が楽しさ・遊び
ならばいいんですが活動の要領を考えた場合は
かなり要領が悪いんです)





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-方法論
-,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER