恋愛以前の必須事項

仲間を増やしておいた方が良い理由

私は自分が活動する場面や生活をしている
周辺では、なるだけ仲間を増やそう
という意識を持って活動しています

例えば自分が生活している周辺は
仲間まで行かないとしても

とりあえず顔見知りである
会ったら挨拶して世間話ができる

ぐらいのラインは保ちたいと考えているんです

自分が所属している
ちょくちょく顔を出すような場所があれば
そこではなるだけ力を入れて
仲間を作ろうと考えることもあります

なぜこういった行動に出るのか

そんなことをしてもあまり得は
ないんじゃないか

顔見知りが増えて損をするんじゃないか

気を使うから・疲れるからやだな

なんてことを言う男性って多いんですけど

これってものすごくメリットがあるんです

逆にやらないととんでもない
デメリットがあるんです

これは人間の性質として

顔見知りの人もしくは仲間が

例えば隣の部屋なんかで話をしていて
ゲラゲラ笑っていたら

楽しそうだな

という感情を持つと思うんです

自分もそっち行きたいなって
思ったりすると思うんです

でもこれが知らない人の場合は
全然違う判断の仕方をするんです

それは

「うるさいな」

になるんです

同じ笑い声なのに人間はその対象を
仲間だと思ってれば楽しそうと思い

逆に知らない人だと、うるさいって
思っちゃうんです

これってすごい怖いことだと思いませんか?

だって同じ現象に対してこんなにも
人間の判断っていうものは変わる
って事なんです

だからなんです
私は自分の生活する全般について
ちゃんと顔を合わせておきたい

というのは

そこで顔を合わせていれば
少なくとも知っている人になって

それがちょっとうるさいと思っても

あの人なのか

と思ってくれるので、多少軽減されるわけです

これが全く知らない人になると

ずっとイライラが積み重なってしまうわけです

なので顔を合わせる回数を多くしといて
顔を合わせたら、その時には必ず
100%ちゃんと目を見て挨拶できる

とかそういう初歩的なことは
絶対やっといた方が良くて

それが自分への保険になるんです

なるだけクレーム出る確率を減らしたい
ならば、顔をつないでおくことです

出来る限り仲間という意識を
持ってもらえれば
よりベターなわけです

そうするとまた別の面が見えてくると
思うんです

周辺の音に対して何でもうるさい
って思ってる人って

どういった人かと言うと

周りに誰も仲間がいない人

(仲間意識や、顔見知りという感覚すらも
持てていない寂しい人)

ってことになるんです

だから全部騒音になっちゃうんです

こんなニュースもありましたね

自分の家の近くの保育園の
騒音がうるさい

と言って抗議をする

このレベルになると、仲間という感覚を
持てない人なんだろうな

ってのと

どれだけ孤立してる人なんだろう
事が分かるわけです

めちゃくちゃ孤立しているから
ここまでの状態になる

ということで

この仕組みがわかったら
なるだけ仲間・顔見知り・好意的に
捉えてもらえるような態度を
選択するようにしたほうがいい
ということが分かってくると思います





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-恋愛以前の必須事項
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER