方法論

パターン化された女性の誘い方を打破する方法。

男女にある程度、一緒に遊ぶ事に関しての
共通の認識をお互いに持っているので
男女が初対面で遊びに行くという時は

大体こういった誘い方

大体こういった展開が適切だ

という感覚をみんなそれぞれ持っています

そうすると決まりきった形に
なってしまう訳ですね

例えば飲みに行こう

であったり

映画を見に行こう

であったり

そういった初対面の男女が遊ぶ
ケースとしてより自然なものとして
共通認識しているのは何か

と言われたらこういったパターン化
されたものになってしまう訳です

かといって、より自分の興味に特化させた
誘い方にしてしまうと
それはそれでまたちょっと
問題が出てくる訳です

例えば自分の趣味は将棋だったら

今度一緒に将棋やりませんか

という誘い方は初対面の男女が
仲良くなっていく時の
最初の誘い方としては変な訳です

そうやって考えていくと
どうしてもパターン化された方向に発想が
行きがちになってしまいます

ここで私はその考え方を壊す

ということを好みます

ここには一つのコツがあって、
それは女性に向かって、

“あらかじめ表現ができる場合には”

このやり方が採用しやすいんです

文字上で一発見せて興味を持たせる
というワンクッションが入るからです

これをもしもオフライン活動の/ナ/ン/パ/
などの時にやってしまうと

それは非常に違和感を感じる訳です

「これから一緒に、
鬼怒川の温泉に行こうよ」

とやると、/ナ/ン/パ/の場合は非常に
不自然ですけど、インターネットなどで
一旦見ることができる

ワンクッション入れられる場合は
これも女性の中で消化することができるので、
その誘い方というのも
別に不思議ではなくなるわけです

女性にどういった形で伝わっていくのか

ということで使える言葉であったり、
使える遊びの選択肢というものは
大きく変わってきます

それを表現する場所でも

使える言葉や選択肢が全然変わってくるんです

なのでそこの場所って一体どこまで
表現が許されるか

どういった表現まで許容されるか

ということをイメージしながら
誘う形を作っていくと

より色んなバリエーションの誘い方
というのが作れるようになってきます

見ず知らずの男性と一緒に
映画に行こうなんていうのは、
その男性のルックスが良いとか

それまでに十分すぎるコミュニケーションを
重ねてある程度気心が知れたからとか

そういった理由でしか成立しません

私が20代の女性にそれを向かって
やったところで無反応でしょう

その場所の特性を知っていく
どこまでの表現が許されるか
ということを想定して、

その中で最もより興味を引きやすい内容を
表現した時には反応が返ってくるわけです

なぜならば
他の男性がそれはやっていないからですね





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-方法論

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER