中年男性がやるべき対策

中年男性が無気力にならないために。

私達が考え方であったり
コミュニケーション力というものを
向上させなければならない理由
というのは、かなり幅広くあり

これはもはや義務であるとすら
私は考えているんです

それはなぜかというお話をしていきます

私達は年齢を重ねて
ある程度の年齢になると

今度は自分の役割というものを
考えるようになってきます

役割というものを考えないと
一体自分は何のために
生きてんのか、、、とかがわかんなく
なっていきます

というのもこの点を無自覚にいると
生物的に見た場合ですが

中年以降の男性の存在意味というものは
すごく薄くなるんです

あくまでも生物としてみるとです

仕事以外で必要とされる場面が
驚くぐらいに少なくなるからです

その時に私たち男性というのは
今度は次の世代に色々なことを
伝えていくというのが
一つの役割な訳です

女性側の方は何かしら誰かしらの
世話をしていくという役割が
定まっているので

非常に女性側は自分の役割
ということを考えずに

誰かの為にと自然に考え
自然に行動していく人が
多いので、あまり自分は何のために・・・

みたいな状態にはならない訳です

この点は性差がかなり大きい部分
でもあります

ただ男性はそういった役割は
担わない方が多いので
どうしても何も特にやることがない

みたいになっていく訳です

そこで先程言ったように
私たち男性は次の世代に
いろんなことを伝えていく
というのが男性の性質にも
合っていますし比較的やりやすいのです

なぜならば男性は未来志向型で
考える傾向が高いので

育児とかであったり
誰かしらの面倒を見る

というよりも未来的にこうした方が
良いかもしれない

こういった事態に遭遇するかも
しれないから、こういった準備が
必要になる事が多いよ

こんな時はこんな対応がよいよ

こんな考え方があるよ

などのような話をする方が
よりマッチングしている訳です

ただし問題があります

その時に自分自身のコミュニケーション力
対人関係力や考え方というものが
より良い状態にならないと
そういったことを告げる・伝えていく
という役割すらも担いなくなるわけです

なぜかと言えば

例えばコミュニケーションや考え方が
下手な場合・・・

この場合考え方として

自分の考えが絶対的に正しいだ

(すでにこの考え方が偏りが
あって上手に相手とコミュニケーション
を取れない典型例)

みたいな考えで伝えていく
という態度を選択してしまうと

押し付けがましいなー、

であったり

ウザイ

という形になってしまう訳です

そうすると今度は伝えていく
という態度ではなくて

説教

という形になってしまう訳です

そうなると周りの人は逃げます

聞きません

結局必要な人にはなりません

そうなると、本来の役割である

伝えていく

という事がままならないわけです

ただの迷惑な頑固ジジイになって
しまうわけです

伝えるという役割を担っていくのにも
上手なコミュニケーション

柔軟な考え方

というのがあるという前提でしか
行う事ができないわけです

結局、この段階でもコミュニケーション力

より良い考え方

を所持していないと
役割という立場も選択する事ができない

まだまだまだ
コミュニケーション力というものを
向上させなければならない理由は

多くあります

引き続きお話をしていきます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-中年男性がやるべき対策

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER