女遊び

これからの女性遊び活動での傾向。

これまで女性遊びと言えば

新しい女性と接点を作り
お酒とか飲みに行って
口説いてみたいな形が一般的でしたが

インターネットが普及することにより
それぞれの棲み分けと言うか

今までは情報が少なくて
自分のこういった感覚は
異常なのだろうか

と思っている人たちが

あーこういう性に関しての
付き合い方をする人たちもいるんだな

というのはだんだん広く知れ渡る
ようになってきました

なので今までゲイであるとか
バイセクシャルであるとか

そういった事というのは
異常のことのように
感じていたのですが

それが比較的多いということが
分かってきて住み分けが
されるようになってきたわけです

(インターネット上では)

例えば完全に恋愛や性的欲求がない

という人もいるんですね

それとはまた違うんですが

恋愛とか人間に関しては興味があるけど
性的欲求はもう限りなくゼロ
という人もいますし

極端に真逆の誰(男女差別無く)でもバッチコイ
って人もいます

何人と付き合うとも自由である
という考えを持ってる人もいるわけです

これは例えば私の場合

以前の活動では女性である
というくくりでターゲット化
してきたわけですが

今は本当に棲み分けされてきているので
女性であるということで

ターゲットにすると非常に痛い目を
見ることが多くなってきています

(オフラインで活動すると
どうしても最初は女性であるという
振り分けでコミットしていくことに
なるからです)

なぜならば自分がしたいことを
女性に求めても女性側が
全く限りなく性欲がない場合

それを強要すると
大変な問題になります

男性に興味がない女性に
一生懸命コンタクトしても
意味がないわけです

オフラインではこういったことが
散々行われてきたわけですし
私も散々行ってきたわけです

ですから本当に無駄が多く
強引なことをしてしまえば
そこに摩擦が生まれる

自分が非常に性欲が高いのに
恋愛はしたいけど
全く性欲がないという相手と
コミュニケーションを取ったり
仲良くしても自分が望んだ形には
持って行けなく

結局そこは関係がギクシャクしがちです

合わないからですね
求めているタイプが

今後そういった流れもあるわけなので

その人それぞれ求めているものが
分かれていき

求めているもの同士が
うまく接点が作られるように
よりなっていくんだろうなと
思っています

そうやって考えると非常に活動が
しやすくなるなと思うわけです

これまで属性わけは

女性であるか

女性じゃないかと

言った分け方だったわけですが

それだとトラブルが多いわけです

属性分けもより細くなってくれば
くれるほど活動自体は
楽になるなと思ってます

現にこのように属性わけされてくることで
かかる活動コストが異常なぐらい
低くなっていますから

そういったことからも
さらに今後は活動コストが
低くなるんだろうなと
思っています

ですから私の最近のコアな活動では
それぞれ女性の属性に分けた
それぞれの個別の活動の形というのを
作っているのは

こういった理由があるからです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER