Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性側の年齢によって難易度が変わることを知っておく

これは明確に認識しといた方が良いことです

女性側の年齢によって攻略の度合いが
全然変わってきます

例えば今の40代というのは人口の割合で
見ていくと分かるのですが

今の高齢の世代
65歳から69歳が最も人口が多いんです

もちろんそうするとその前後の年齢の人数も
多くなるわけです

で皆さんご存知のように若くなって行けば
行くほど人数が少なくなっていく

その中で一度ボリュームゾーンは増えるんです

それが40台なんです

ここでまた一瞬ボリュームが上がっていく

つまりそうやって考えていくと40代が
私達男性側から見ると女性の人数も多くなる
って事なんです

逆に言うと非常に難しくなるのが
若い世代への攻略です

完全に希少性が高い状態になるので
当然ながら競争率が上がるし
一人当たりの価値が高くなるんです

例えば女性側の40歳から44歳の人数が
ざっくりと20万人います

一方20歳から24歳の女性は約12万人

すごく乱暴な計算するとこれだけ見ただけで
競争率は約2倍になるって事なんです

さらに年齢によって男性側はシンプルに
価値は若い女性に感じるっていう状態なので

実質的な活動している時の競争率
っていうのは人数以上の競争率に
なるんだってことなんです

ってことは私たち男性側としても
楽しく遊んで行くんであれば

自分が対応できて楽しく遊べる女性側の年齢の
ゾーンというものを増やしておけば

楽しく楽に、そんなに一生懸命
頑張んなくてもどうにかなっていく
っていうサイクルが作れる

でも自分が中年になって50代だけれども
女性は20歳そこそこの女性だけがいい

ってなるとものすごく苦戦するわけです

そもそも人数が少ない

そして自分の年齢との差があるから

女性からしてみると全然価値を感じない
男性であるなどの悪条件が重なるわけです

なのでこういったことを考慮に入れて
自分なりに、

じゃあ自分はどういったやり方を選択するのか

ということを考えていた方がいいわけです

もちろん50代だからといって20歳そこそこの
女性を集めることはできない

ってわけではないです

でもその代わりすごく労力コストはかかるし
戦略もよりねって行かなきゃいけないですし
自分自身の組み立てっていうのも
しっかりと考えて

その年齢層の女性が反応する男性像

ってどういうものなんだろう
かってのも考えてトータル的に要領の良い形で
組み上げていかないといけない

ただ漠然と活動しているとほぼ成果は0

ってことになる

数字で見るとこんなに人数のバランスの差が
世代ごとに変わってきてるんだ

ってのも分かると思うので

何で自分には年齢が高い女性ばっかりが
ヒットするのか

ってのもシンプルに人数の差というのはまず
大前提にあるわけです

これを知っていると自分に反応する女性の
ボリュームゾーンの理由なんかも
分かってくるわけです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2020年7月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:世間の現状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ