会話・言葉

意識しないと女性獲得活動の要領は上がらないポイント

日本語って難しいんです

日本語が難しい理由というのは
複雑な謙譲語であったり尊敬語であったり

それが重要だった時代からの影響で
起こっていることだったりするんです

昔はしっかりと身分があって
その身分の差や関係性によって言葉を
使い分けなきゃいけないというルールが
あったんです

その名残で今も日本人は日本語に対して
結構敏感なんです

例えば警官から英語で

ストップ

って言われたらはいストップなのね

ってなるものを

日本語で警察から

止まれ

って言われたら

なんで命令されなきゃいけなんだ
ムカつくから無視したい

どのように怒る人ってやっぱいるわけです

これは人間の関係として初対面の人に対して
命令口調を使ってはいけない

という感覚を多くの日本人の中で
持ってる人が多いためです

そうすると相手に怒らせないためには
どの言葉が適切かということを考えて
言葉を選んでいかなきゃいけない

ひとつの物事に対して一つの単語を言えば
通じないのが残念ながら日本なんです

なので私たちは言葉に関しての感度というものを
持っておかないと苦労することに
なっちゃうんです

なんでかと言ったら自分の目的を表すにしても
その目的を表すのに的確な使い方が
やっぱあるからです

そしてこれは大人になってから
自分で学んでいくしかないものなので

意識していかないとなかなか適切な言葉を
女性・男性に向けて使えるようにならない

ましてや女性獲得活動において

そんな言葉への感覚が大切だ

なんていう風に思ってる人はほとんどいないので

今自分が持っている感覚で適当に
行ってしまうわけです

そうすると先程お話ししたように
自分としては止まって欲しいなって思って

「止まれ」

っていうと女性側がムカついたり怒ったり
不快感を感じてしまったりなどのような
ミスが起こるわけです

私たちが考える場合

ここでは止まれという言い方はないな

じゃあ他にどういった言い方をすれば
女性側に伝わって、それでいて怒らせずに

気持ちよく止まってもらえるだろうか

それってどんな言葉になるのかな

って考えるのがインターネットでの活動に
なってくるわけです

なので自分が使っている言葉に関して
一回考えるってことが絶対に必要になります

幸いにもインターネットの言葉というのは
考えてから発信できるので
それを習慣した方が良いわけです

自分が思ったことをそのままストレートに
言語化すると、それって相手にとって見たら
不快感を感じる・怒りを感じる言葉かもしれない

という感覚は持っといた方がいいです

なぜならば日本語には相手との関係によって
使い方を変えなきゃいけないという
性質を持った世界的にみても

ちょっと難しい言語だからです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER